FD RECARO純正ウルトラローポジ・シートレール交換

長らく安物スーパーローポジのシートレールを使っていましたが、片側ロックの為信号で止まるとカタッって音がしていたり、スライド量が足りなくてポジション悪く、シート倒したくても倒せずにかなり立った状態で使っていました。

NCのブリッド純正レールとの組み合わせがとてもいい感じでしたので、FDのレールを換える決心がつきました(笑)

ただ受注生産でした。。。納期は3週間ほど掛かります。

Recaro_1

シートベルトのバックルは、専用の薄型ではなく純正を使ってみました。そうすると付属のボルトが使えず、元々の純正ボルトとワッシャー類を組み合わせて使いました。今までの感じからなんとか入りそうでしたので付けてみると大丈夫でした。

ただ固定場所がレールのスライドする部分ではなく、車体に固定するボルトと共締めの為、シートをスライドさせる時邪魔になる感じです。

シートのスライド量は絶大で、膝がコンソールに当たるくらい前に行くし、後ろは背もたれがリアシートに当たりそうなくらい下がります。そうするとますますNCより乗り降りしやすいことに(笑)

Recaro_2
破れたプロテクターが痛々しいですが。。。

オフセットも今までもスペーサー入れたりして無理矢理合わせていましたが、それでも少しずれていてNCに比べると気になるし、箱根の左高速コーナーでステアリングに途中から手が届かないことも判明(笑)サーキットだとなぜか気にならないんですが?

一段寝かせてみましたが、ペダルが届きやすい位置でもステアリングとの腕の距離もいい感じです。
ステアリングもNC以上に超センターが出ています。

Recaro_3
一番下げた状態

レールの穴で一番下に付けても少し着座位置は上がったものの、前のが低すぎた感じなので丁度いいですね。


以前は低すぎて足がかなり前に伸びる感じでしたが、少し上から下ろすようになりそのせいか半クラがやり易くなりました。

ポジションはかなり良くてもっと早く換えるんでした
シートレールは重要です(笑)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

FD&NC エアコン添加剤注入作業

カーエアコンの稼働率が上がる今日この頃、エアコンのエンジン負担が軽くなる添加剤を入れてみました。

FDでは数回実施していて、投入後の一夏はなかなか効果があります。
今まではネットで買った缶を持参してディーラーでやってもらいましたが、簡単そうだしすぐ元取れるので、簡易工具を買ってやってみました。
去年やってもらったらガス缶側のバルブ閉め忘れでかなり漏らされたし・・・

Ac1

Ac2

新しい車も最初からやっておくと、コンプレッサーの磨耗を抑えられるそうです。

FDは低速トルクが無いこともあって、コンプレッサー作動で軽くエンブレが効いたかのような抵抗ですが、投入後はかなりスムーズになります

NC投入
Ac3

低圧側にジョイントを接続し、ダイヤルを締めて中のバルブを開放します。
ホース内のエア抜きもちょっと緩めるだけで終了。
エアコン全開にしておきます。
その後バルブで缶に穴を開け逆さにしてフリフリ。ほとんど一瞬で飲み込みました。
缶が冷たくなるって言ってたけど、ホースだけ冷たくなりました。

NCはサイトグラスがありません。そもそもレシーバータンクがエアコン・コンデンサーの横に設置されています。

関係ないけどNCの純正ラジエーターてサイドタンク仕様なんですね。冷やす為というより上下スペースの関係ぽいですけど。

FD投入
Ac4
ちょっとABSが邪魔です。斜めになってるしうまくはめ難いです。高圧側もすぐ下にありますが間違っても挿さらないようです。
Ac5

FDは缶も冷たくなりました。
こちらはサイトグラスありますが、白い泡が流れてるだけでよくわかりません。
R134ガスでは当てにならないらしいので初期型のR12用の名残でしょう。

コンプレッサーオイル10g以外に、普通にエアコンガスも40gあるので補充にもなります。

投入後は、NCは元々それほど重くはありませんでしたが、コンプレッサー接続時のショックは緩んだようです。
エアコン常用時の燃費もよくなるはず!
シフトアップ時の回転落ちも幾分穏やかになります。
アクセルのツキも気持ちよくなっているような。

FDは古いだけあって効果覿面!
軽量フラホだし、発進とか辛かったのもいくぶん軽減されます。

しばらくエアコン入れるのが楽しくなりそうです


| | コメント (0) | トラックバック (0)

油圧プレス購入、FD ピロ打ち換え

油圧プレスを買ったので、FDのトーコントロール・アームのピロの打ち換えをやりました。

Prs1
1年くらい前なら8tや10t級のものが安く買えたんですけどね~

それでも新たにピロ圧入済の純正アームを買い直すより安かったのです。
他のブッシュやピロ打ち換え、ギヤ関係の作業にも使おうかと思っていますが、パワー的にギヤの大きいものは厳しいかもしれません。

プレス機の組み立てもボルトが多かったですが、これは楽しかったです。
ただ16mmなんて変なサイズのボルトで、用意が面倒なので17mmのソケットで無理矢理組んでしまいました。

トーコンアームの縁が薄く、下側に打ち抜けるようにプレスするのが難しいのですが、2,3度やって成功しました。
Prs2

油圧のレバーも結構硬く、こりゃギヤ・プーラーじゃ抜けるわけないです。

Prs3

圧入は簡単に出来ました。
Prs4

アームのもう片方のピロブッシュは、ゴムが変な角度に癖付いていたりしてますが、大抵小さいピロ側が痛むようなので、今回これだけで装着して駄目ならまた外してみます。こっちはプーラーでも抜けるかも。

このアーム無いと酷く内股なFD
Prs5

トーコン・アーム無し状態
Prs6
奥のボルトは外し難いです。

装着
Prs7

一ヶ月ぶりにFD始動して試乗
アクセルON/OFF、ブレーキ時にカコカコ言っていた音はしなくなった模様。サスが沈んだ時の音も静かになったかな?
まだなんか音するけど大分気持ちよく走れるようになった感じです。

他も換えるとさらに気持ちよくなるかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FD フロント・スタビリンク交換

以前ナイトで足回りのガタを見てもらった時に指摘されたところを交換しました。

Fstab1
スタビリンクが6千いくらかで、トーコンリンクの外側の小さい方のピロが4千円ほどでした。

ブレーキのエア抜きをしつつ作業したので、リアのトーコンリンクも交換出来ればと思い、ブッシュの交換方法でよく見るギヤプーラーで試しましたが、径が小さいこととアルミなので無理すると変形しそうでうまくいかず。。。外れていると面白いようにトーが動きます。
Fstab2
とりあえず元に戻しましたこっちのが交換したかったのですが。


本題のフロント左側のスタビライザー・リンクの交換をします。

サス同様ボルトを外してもきつきつで外れないので、バールでこじってスタビリンクを取り出します。
がやはり片側だけではどうにもならず、仕方なく右側も取り外しました。

両側外れてサスアームの下に抜くと取り外せました。
Fstab4

Fstab3

新品はコチコチでブッシュ部の剛性感たっぷりですが、外したスタビリンクはゆるゆるでした。
でも右側もゆるゆるだったのですが、、、使い込むとこうなのか、ナイトが左しか見ていなかったのか謎です。

取り付けもきつきつなので、ボルトとダブルナットで押し広げてから隙間へ挿入。

一応1G掛けてトルクレンチで締め付けて完成。疲れて写真はもうありません


動かすのが2週間ぶりくらいになるので、バッテリーが弱弱でなんとかエンジン掛かったて感じですが試運転します。

効果は特にわからず(爆)

それよりリアが交換出来なかったのでカタコトうるさい~なんとかせねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FD ipod対応 アルパインCDA-9855J装着

NCのipod対応に続いてFDも対応にしました。

どうも長く使ってきた7877のレーザーが弱ってきたようで、CD-Rだと読まないものが出てきていたのでリフレッシュ兼ねて交換です。

ipodもCDチェンジャーが付いていないFDでこそ生きてきそう。音質補正もあって期待大です。

今度の9855も現役では無いので中古ですが、7877は結構使われていたっぽかったけど、今度はあまり使っていないようだし年式も新しいので当分大丈夫でしょう。


最近の機種も安いのでいいのですが、FDがデジタルネットワーク前提のスピーカー配線にしてしまっていて、ドアの内張りとかもう剥がしたくないので対応機種で以前欲しかったものにしました。


最新だと不要なipodアダプターが異様にデカイのですが。。。せまいFDでどうしよ
ロドの純正に比べても馬鹿でかいです。
比較写真出てきました。
Alpipod4

今までのを外します。何度見ても見たくないオーディオ・スペース
Alpipod1
追加メーターがリンクするタイプではないので、配線がごちゃごちゃで自分でもよくわかりません!

なんとか辿って、スピーカーはフロント、リアではなくてフロント2chのツィーターとウーファーなので、表記が違うからいっぺんに外すと分からなくなるので、1本づつ抜きながら差し替えます。


ipodアダプターは、ヘッドユニット下のスペースに押し込みたかったのですが、ちょっと厳しくてグローブボックス内へ。
Alpipod3
ここも狭いので車検証は入らなくなりました。他にいいとこ無いかなぁ。
結構丈夫そうだから助手席足元とか。。。

Alpipod2

ヘッドユニットの後ろで、ipod接続ケーブルのコネクターが車体側の金具へ当たり気味です。斜めに交わして押し込みました。


操作はメニュー形式なので、やはり面倒なところもあります。

パワーが60wX4から50wX4に落ちましたが、コンデンサーとか新しいせいか音質はクリアでよくなったみたい。

パワーダウンしている割には、背後にクーリングファンが付いたりしていたので、7877だと長時間使うとCD-R読まない率がさらに上昇していましたが、そういうのは少なくなりそうです。
裏側は凄い高温地帯と思われるので冷えるのか微妙ですが。


よくバッテリーキルので、クロスオーバーやタイムアライメント設定は消える為意味無い気もしなくないのですが、今度のはWebでメーカー推奨値他自分で微調整した設定値をCD-Rに落として、ヘッドユニットで読み込ませればチマチマ設定しなくても済むので、少しは使えるようになりそうです。

FDもちゃんと車両音響特性(?)の選択肢にあって、随分昔のアルパインのスピーカーを使っていますが、こっちも載っていて以前渋滞時とかに聞き込んで調整していたものがあっさり出来るようです。でもインストールしても、それほど追い込んだ設定では無いようであまり変化はなかったかも?まだちょっとしか聞けてませんが。
タイムアライメント効果はさすがにはっきり出てボーカルはセンターから聞こえます。

どうせならipodのストレージ・エリアとかから読み込めれば最高ですが、、、80kB程のデータにCD-Rってのも。
一応いくつかパターンを入れておいて、読み込むときに選択出来るようにはなってます。


ipod操作の反応はNC純正よりよくて内蔵CDと同じ感覚で使えます。
曲名も日本語表示されるし、CDの方でも入れておけば表示されます。今は普通なのかな


以外とボタンの色を変えられるのが嬉しかったり
懐かしい緑色とかもいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FD FERODO DS2500 ブレーキパッド交換

フロントだけ減ってきたので交換しました。
またCC-Xでもよかったのですが、なんかいいらしいのでフェロードにしてみました。

Fld

メーカー欠品とかで1週間以上待たされましたが。。。

交換時、左内側のピストンが固着してました。
下側が最初どうにも引っ込まないので、パッドを裏金外して戻し一回ペダル踏んで押し出して動かした上で引っ込まそうとすると、固いながらも動いてくれましたが、今度は出てきた上側が引っ込まなくなったり(><)
キャリパーO/Hから1年ですが、内側は熱がこもりやすいからかな。
そんなこんなで交換終了。

装着画像がありませんが、早速行く途中で慣らしを終えて筑波TC2000を走りました。
フロントだけの交換てこととやっとマスターバック交換でフィーリング直ったのと相まって、いまちいよく分かりませんが(^^;コントロールはし易そうです。
前回CC-Xでジャダーが出てしまっていたのですが収まってきました。
フルードとかもタッチの固さ重視に変わっているので、踏んで圧が伝わり始めた辺りからカツッと効き始めてくれます。

1ヒート走行後のホイールのダストも、CC-Xと同じくらいでちょっと黒くなるくらいでした。

リアも減ったらこれにしよっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

FD 4型→6型白タコメーター交換&メッキリング化

タコメーター直しました。
普段乗るには無くてもいいし、サーキットもシフトランプあるのですが・・・やっぱり気分よくないので直しました。
FD(特に前期?)はよく出るトラブルのようですね。

シフトランプだけだと、どうも回し気味になる気もします。


実は前からタコだけ6型の白メーターにしたかったのですが、さすがに壊れてもいないのに替えるのは勿体無かったので願ったり叶ったり?
でも壊れて欲しくないけど。。。

フェラーリなんかでも、最近はブラックメーターの中にタコだけ黄色や赤だったりしてかっこいいのでありかなと。

しかしFDのタコメーター何型であろうと3万円します。
Taco1
裏側もスカスカでどう見てもそんなするようには見えないんですが・・・
Taco2

なんとなくNCロードスターの方を見てみると、一体型なのでメーター丸ごと交換ですが3万5千円。。。安!

車両が高かったからって適当に高い値段付けているような。
それとも設計古くて無駄にお金が掛かるとか(笑)
NBロードスターはメーター別々でタコが2万8千円。お、高い!やっぱり古い設計だとそうなるのかな。エイトも見てみたら一体で6万円。

今回6型ホワイトのは在庫切れで納期1ヶ月で年明け入荷と言われましたけど、実際は1週間くらいで入りました。

メーターはライトを裏から当てると、文字が赤いので透過の部分がアンバーになっているんですね。
白に緑照明はブースト計で使っていたことありますが、夕暮れ時の微妙な暗さで見えないので組み合わせはともかくこれはいいかな。


あとついでにメーターの縁をメッキリングのものにしました。
これは初期型のメーターが気に入っていたので、FD乗りはじめた頃からしたかったのですが、当時ディーラーで聞いたらメーター丸ごと交換と言われて諦めていました。が、全然違うじゃん!
パーツリストで見ると、普通にパネルとして6千円ほどでありました。
最初袋越しに見るとシルバー塗装に見えて焦りましたが、取り出すとちゃんとメッキでした(笑)
Metap2


メーターフードは、300km/hスピードメーター交換時と追加メーターの配線通す時に外しています。

ただ今回色々付けてる物が増えてるからちょっと大変です。
EVCとコラムカバー、レーダー、ブースト計、シフトランプ、FCコマンダー、ステアリングを外し、ETCが下側のネジを隠していたので本体をベースから外して、ツイーターも剥がれてしまってやっと外せます。

少し浮かせたところで、手を突っ込んで裏のコネクターを外しますがやっぱり手が痛い(><)リトラの昇降スイッチのコネクターが固かった~
コネクターは確か刺さるところにしか刺さらないので適当に外してしまいます。
Taco3

持ち帰って、メーターフード裏からビス4本外してメーターを取り出します。
カバーは2段になっていて、メータからはビス2本とフックで外します。
メッキリング部分はさらにフックで外します。

タコは裏からネジ3本で固定で、これが基盤との通電兼ねてます。
Taco5
後ろに色々写っていて見難いですが頭の中でマスクして見て下さい(汗)

エアブロワーでメーターとカバーの内側を吹いて、埃を極力排除してカバーを付けます。
Taco6
いいかも(笑)カコイイ~

Taco7


取り付けは痛い思いもしないのでサクッと終了。メーターのハーネスつなげた時に作動確認だけはしました。
Taco8
EVCはなるべく低く取り付け出来るようマジックテープを止めて、両面テープで直に貼りました。
それでもアイドリングはよく見えませんが、一応EVC-PROなのでデジタル表示はされます。
Taco9

夜の感じを見たいので試運転は夜にして、プラグ交換をしました。
イリジウムも結局あまりもたないようです。マツスピカップ辺りで全開時にノックレベルが上がっていたのですが(汗)、電極狭めたりして誤魔化していました。


暗くなったところでFDの試運転をします。
Taco10
昼間はめちゃくちゃ見やすくなったけど、、、夜は見難い(^^;
NCのアンバーは見やすいけど針があっちは白いからかな。
白パネルってのも街中で微妙に明るいと、アンバー照明でもあまり見やすくはならないようです。
でも暗いな~グリーン照明だと気付かなかったけどランプ弱ってるのかな。

肝心の回転数表示はきちんと動くようになりました。
でも角度が変わって変な感じです。
今までは真上の4500回転でシーケンシャル・ターボが切り替わり、2段階加速が来ていましたが斜めの変な角度になったので違和感あります。


外したタコメーターはもちろんオブジェに。
余っていたアルミ板を切り出してステーにし、梱包時にダンボールとの固定に使われていたビスで固定します。いい感じ!(笑)
Taco11

エンジンに続いていいオブジェが出来ました。
Taco12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FD ジュラン・ガーニーフラップ装着

Ⅴ型のウィングには敵わないでしょうけど、Ⅳ型のドルフィンテールでもう少しダウンフォースぽいものが出ないか試してみました。
Ⅳ型の形は気に入っています。

筑波TC2000へ行く前日届いて、時間外だけど無理言って再配達お願いして受取りました(汗)。
Garyny1

Garyny2

装着は筑波で走行前に行います。
仮に当ててみますが、端っこのRの部分はやはり難しそうです。
カッターでカットして付属の両面テープで貼り付けます。
やはりカッターでは何度やっても綺麗に切れません。
あとで箱の説明よく見たら、切ったあとヤスってくださいとありました(^^;

付けたばかりでの走行も不安なので、両サイドだけガムテープで補強します。
Garyny3


Garyny4

リアハッチ閉める時丁度持つ位置なのでちょっと閉め難いような。

Garyny5

走行します。
やっぱりわかりません(笑)
うーん、80Rは相変わらず踏んでいると4速入ってもちょこちょこ流れます。
最終コーナーはもしかして変わったかな??
Rがきついところでオフった時リアが出難いかも。

タイムは今までの自己ベストのマツスピ時よりブーストをコンマ5落としてもさらに更新したけど、マツスピも引っ掛からなければこのぐらいは出ていたと思うのでなんとも言えません。

1ヒート目で付けずに走り、2ヒート目付ければよかったかな?でもクリアがなかなか取れないとそれほど比較にはならないし難しい~

GTウィングと違って位置が低い為、ルーフの乱気流や負圧のせいであまり効果は発揮出来なさそうです。

<追記>
夕日をバックに写真を撮ってみたら、
Tc2k

側のインテRの人も撮り始めてました(笑)
Tc2k_2
あ、こんな高いところに登ったのはインテRの人撮る為ではなくて猫が居たからです。
コース入ってっちゃったけど走行終わったから大丈夫かな。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

FD HID修理

先月TC2000に行く前日に、ワイズスクエアーのマルチリフレクターとセットのHIDが片側点かなくなりました。
(もしかして筑波へ行こうとするとどこか壊れるのかな(?o?))
ヒューズは切れていなく接触不良も無さそうです。
まだ保障期間内でしたので、販売元へ問い合わせたところユニットを外して送って欲しいとのこと。

外すのがかなり面倒ですが、仕方が無いので外します。
簡単なところで、バーナーだけ正常な方に付け替えてみたら点きました。
でももしかしたら新品になるかもと、微かな希望を込めて1ユニット丸ごと送りました。

しばらくして返ってくると、ユニットには不具合がなく1時間の点灯試験でも問題ないとのこと。
外すのが面倒だったのと可能性が低そうなハーネスと、関係ないかと思ったHiLoユニットは送っていなかったのですが、その2点を交換してみて欲しいと新品が付いてきました。
期待のバーナーなどのユニットはそのまま返ってきました(^^;
Hidm1
でも両面テープなどは一通り付けてくれました。

ハーネスにリレーが付いていたのでこれかなと思いつつ、片側ハロゲンに戻したら色が違って恥ずかしいけど、実用上問題ないのでかなり放置していました。

まずHiLoユニット交換がやり易かったので試すも点灯せず。
リレーを外すとなんだか腐食した後があります。横向きに付けてしまったので水でも入ったのかな。
Hidm2
交換すると見事に点灯しました。

なによりユニット外した時の両面スポンジの跡を剥がすのが大変です。
これが一番腰が重くなっていた原因です。
ついでにマツスピカップ前から腰が痛いし(笑)

HiLoユニットは予備に取っておこうと元に戻して一通り装着。

リレーは汎用でありそうですが、ちょっとネットで見たけど形や型番が同じものは見つかりませんでした。

作業は取り付け時と似たようなものなのでデジカメ撮りませんでした。
取り付け時:http://f1-777.cocolog-nifty.com/hilog/2007/01/fd_hid_ee35.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FD エンケイRP-F1ホイール装着

前から雨さんとこのデモカーでよく付いていて、かっこよかったので欲しかったホイールです。

できれば純正ぽいのが好きだし、RS純正ホイールも気に入っていたので、ワイドトレッド・スペーサーでいきたかったのですが、やっぱりどうも高速域のバランスと剛性感が気になりました。

ちょうど(?)新品が、オークションに安めに出ていたので落札してしまいました。
サイズがちょっと微妙ですが。。。
爪折&気持ちワイドフェンダー仕様なので多少は大丈夫かと。

Enkei2

Enkei3


ワイドトレッド・スペーサーは、車高下げたらロードスターで使おうかと思います。
スピード域がFDよりは低いので、いい感じで使える気がします。
でもかなりの高速域でも安定しているのでだめだったりして。
もしくはまた純正ホイール復活時にでも。


タイヤはRE-01Rを付け替えます。
丁度左ショルダーがちょっと減って来たので裏組みします。

レンタルガレージにてと思っていましたが、前回は好奇心でやってみたものの、大変だったしこの日は天気も悪くやる気が出なくてさっさとお店に依頼しました。


ロックナットもグレードアップしてマックガードにしてみました。
RP-F1のボルト穴が狭くて深いようなので、値段高いけど細いタイプです。
Enkei4


その他のボルトも細いもので黒に統一。
Enkei5


なんかリアはちょっとオフセット少なすぎて車検やばそうです(^^;

後でタイヤの溝確認すると、裏組みされてないような?


暗くなってきてしまいました。
Fd_enkei1

Fd_enkei2

Fd_enkei3
はみ出気味に見えるのは錯覚です( ̄▽ ̄;

Fd_enkei4

Fd_enkei5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧