2008 SUPER GT Rd.3 富士観戦

2005年に生まれ変わって以来恒例化している富士のGT観戦に行って来ました。

今回のマシンは友達の青FD~
Gtfw0

途中結構いい天気で、ガス代ケチってなかなかエアコン入れてくれないし(笑)、オープンにすれば涼しくて気持ちいいからNCで来ればよかったかな~

9時過ぎ到着で時間的に場内は無理っぽかったですが、帰りは去年辺りからシャトルバスは専用車線で脱出出来るので、臨時駐車場に止めた方が早く帰れるから最初からそっち目指して行きました。駐車場代も無料です。

今日の富士山
Gtfw1

いつもコカコーラコーナーの辺りに陣取りますが、場内ラジオが入らないこともあり今回は最終コーナー手前にしました。
持参した折りたたみチェアを組んで、早速かんぱ~い


いい気分になったところでグランドスタンド裏にお昼の買出しに。

不可解な動きをして歌っている人たちが居ました
Gtfw3
Gtfw2

戻る途中SLRマクラーレンが場内走っていて友達がえらく感動(笑)。確かにモーターショー以外じゃ初めて見ました。

もうお酒も結構入ったレース開始10分前、トイレ行っておこうと移動すると戻って来る途中でレーススタート
Gtfw4

Gtfw5

Gtfw6

席に戻ってしばらく見守りますが、寝不足気味とお酒も入ってぽかぽか陽気ですごーく睡魔が。。。心地よいエンジン音に包まれて一時間ほど寝てしまいました
まぁまだ2時間もありますから

起きたところで移動開始。

前回かなり活躍したインプ
Gtfw7

Gtfw8

Gtfw9

Gtfw10

今回NSXがスピンしたってアナウンスをよく聞きました。どうしたんでしょ。

しかし3ローターぺリの雨さんとこのエンジン音甲高くてはいいなぁ♪
左だしマフラーだからストレート以外だと、コーナーの内側になるところでないと聞こえないんですが、他と全然違う音色なので300R歩いてても100R抜けて来たのがわかります。
SCの音もトヨタなのに(?)ビート感があっていい感じ。

今回初登場のレクサスIS
Gtfw11
上にエアバルジがあるしミッドシップらしいです。
後ろから見るとリアカナードが猫のヒゲみたい♪

レース終了後ピットへ侵入。

子供に大人気のビバンダムくん。
Gtfw12
動きが軽快でした。

場内駐車場から脱出しようと並んでいる車達。
Gtfw13
テールランプの群れが綺麗でした。

Gtfw14

Gtfw15

Gtfw16

インタビュー中の細川くんと元ちょっとだけF1ドライバーの井出くん。
Gtfw17
なんでこっち見てるの?

ここにあるってことはARTA NSXリタイアしてたんだ。
Gtfw18

Gtfw19

Gtfw20

Gtfw21

そして雨宮号も。。。
Gtfw22


Gtfw23

Gtfw24

オフィシャルカーに35GT-Rが2台仲間入りしていました。
Gtfw25

この子笑顔が可愛かったけど誰だろ?
Gtfw26

Gtfw27

帰りは高速がずっと渋滞のようなのでR246と裏道を(友達が)駆使して帰路へ。
途中また寝てしまいましたが(ゴメンナサイ)、最後にラーメンおやじを食べときました。

目と酔いが覚めたところでちょろっと5型FD運転さしてもらったけどすごーい乗りやすい!ハンドルも軽いけどシフトもスコスコ入ってNCより軽い。エンジンも純正ECUだけあって綺麗に吹けます。
エンジンマウントも純正だとロータリーてやっぱり超スムーズ~

Gtfw28


| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士(FSW)7時間耐久レース

知り合いが出るので応援と、次期参戦を睨んで(?)見学に行って来ました。

その割にスタート見てませんが(^^;

富士の7時間耐久と言ってもこちらはママチャリレースではありません(笑)実車版です。

参戦するとしたら一緒に出ることになりそうな某みんカラ友達(笑)と一緒に行きました。
車は某友達のFDがフローティングキャリパー化??していたとかで私のNCです。
そういや自分のFDは正月から動かしてないや。

御殿場インター降りたらとりあえずオープンに(笑)


7tai_9

FSWに到着するとピットで挨拶。
7tai_1
社長のAMGも直線は速かった。直線は。。。

他の車を見て回ります。
7tai_2

7tai_3

7tai_4
ってポルシェばっかり!
ショップのガレージ状態です。

エンジンフードが開いている930を見ていたら、
7tai_16
オーナーさんがこれ私の私のと話掛けてきたので聞いてみると、内装、エアコンにヒーターとあとなんか外して車重1040kgだったかな!?NCロドより軽いじゃん!
エンジンは3.2Lのノーマルらしいけど筑波辺り行けば速そう~


FDも居ました。さすが高速サーキット仕様!エアロがバッチリ決まってます。
7tai_5

7tai_6

オフィシャルカーにIS-Fが2台も。でも働いていたのはカルディナばかり。
7tai_7

あちこちでカルディナが引っ張ってました。
7tai_15

レース中なのに平和な雰囲気
7tai


出番のようです。
7tai_12
がんばって~

過激なポルシェがとにかく速くて、他の車でもぶつかるんじゃないかって勢いで迫っていくのに、ヴィッツじゃいじめられてるみたいで可哀相(><)
7tai_13


ストレートも隙間から覗くとポルシェは爆音だしハンパじゃない勢いでやってきて怖いです!(写ってませんが)
7tai_8
各コーナーの立ち上がりも持ち前のトラクションであっという間に遥か彼方へ(笑)
でも音だけはヴィッツくんもなかなかでした。

スーパー7なんかはさすがにコーナーでもほとんど減速していないような速さです。

と思えばローバーミニがスローモーションのように平和に走っていました~

7tai_14


疲れたようで。。。じゃなくて時間でピットへ。無事生還されました。
7tai_18

走るポルシェ軍団。
7tai_19

1コーナーを見ていなかったので、遠いから車で移動すると雪が降って来ました(@@)キターッ!!てことで慌てて帰ることに。
7tai_20
そしたら止んだような(爆)
でも外に出てしまったし元々雪予報だから途中で帰るつもりだったので、そのまま高速で眠りそうになりながらも帰宅しました。
寒波なんて来なければ箱根走るつもりだったのに。。。

あ、ゴールも見れなかった(笑)

知り合いのチームは無事?完走したようでよかったよかった。

ポルシェの上位は気合入っていて近づかない方が良さそうですが、後は結構走行会を交代でリレーしていく感じでほのぼの楽しそうなレースでした。7時間はちょっと長いかな~


興味をもたれた方!一緒にどうですか?(笑)

競技ライセンス不要(せっかく持ってるのに!)、レーシングスーツ不要、車交代自由です。改造もほぼ自由~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

TOKYO AUTO SALON 2008

2、3年ぶりに東京オートサロンへ行って来ました。
As2008_1

SUPER GT仕様GT-R
As2008_2

後ろはブラックの中に赤の丸テールがかっこいい~
As2008_3

FDのディフューザーかと思ったらバンパーと一体で、下側が付いていないのでデザインだけでした。かっこいいからちゃんと下までカバーして機能させればいいのに。
As2008_4

これはちゃんとしたディフューザーです。これなら凄い効きそう!?
As2008_5

ウィングも凄い!
As2008_6
丁度○イトの社長さんが見学(視察?)に来てました~

ピストン西沢おやじあちこちのブースに出没していました。これはFMの収録で今度の日曜夜8時からJ-WAVEで放送するそうです。
As2008_7
F2008のステアリング写真持ち出して、ミハエルでもスイッチ操作時は0.2秒はラップが落ちるとか言ってました。
もう引退してるから言ったみたいだけど、今の現役はもっと落ちる人が多いてことかな。でもミハエルほどいじくってる人も居ないか。

マツスピバージョンNC
As2008_8
頬のカバーがドラえもん?

ここでマツスピの携帯ストラップを買いました。新しい携帯用が無いままでした。
As2008_24

ロードスター関係では、Dテクニックていうパーティーレース常勝ショップが出ていて、マツスピカップでもお見かけしてみんカラ友達にもなった人が説明員として居てびっくり(笑)

以前よりさらにさらに走り系は少ないし、撮り足りないので終盤は仕方なくコンパニオンも撮ってみます。仕方なく。。。
ていうかセブンとかあまり撮ってないような(笑)

As2008_13
あ、間違えた(爆)
でもこれ撮ってる人結構居たけど(^^;

気を取り直して
As2008_9

As2008_10
ホンダだったかな

As2008_12
やっぱりアルパインはいい!?

As2008_14
このマークはブレンボのパンフ配ってたお姉さん。

As2008_15
大食いですか?


子供しか乗れない事が多いレーシングカーのコックピットですが、整理券もらえば乗れるってことで乗ってみました。
As2008_16

As2008_17
外装のパネルはかなり弱いようで、下にも注意書きプレートが貼ってありますが、ロールゲージのバーがAピラーの裏にもあってそこらを握って乗ってくださいとのこと。
このハンドルは跳ね上げ式でした。
乗車時間は3分。ドアも閉められます。
As2008_18
近すぎて撮り難い。。。

As2008_19
ペダルは固定されていて動きませでした。
色々見回して少しだけ触って時間ですとドア開けられるまで乗ってました(^^;
As2008_20
乗車案内のお姉さん

レーサーの方々
As2008_21

As2008_22

As2008_23
国さん!ポーズまでありがとうございます!

外のイベントは寒すぎて見る気力がありませんでした。

FDの某?みんカラ友達も合流して、FDのリアシートでもいいって言うから都内まで渋滞3時間我慢してもらいました。でもなかなか快適だったとか!?(笑)どっちかというと前でシート下げられなくて窮屈だった自分の方が辛かったような。。。

しかし帰りの渋滞は凄すぎ。。。ドライバーお疲れ様でした!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007 東京モーターショー

やっと行って来ました。
すでに散々報道されているのでざっと。。。

部品コーナー
なんかのエンジンのカットモデル。これ欲しい!。。。このまま電動可動するやつで。
Mts1


新型GT-Rの中身の一部なんてのもありました。
Mts2

Mts3
後ろの方撮ってなかったみたい。

レクサス LF-A
前回も見たけど結構コンパクトです。
Mts4

Mts5

Mts6
こっちはアレと比べてあまり人が居なくて見やすい。まだすぐに発売じゃないからかな。


ハイブリットスポーツが、レクサスに似せててなかなか後ろとかかっこいいかも。
Mts8
でも安っぽいなぁ。


トヨタはF1展示は真面目なようで、ちゃんとエンジンもあるようだし実戦モデルに近いものに見えます。
Mts9

Mts10
角度が合ってませんが(^^;


ホンダのF1は、エンジンどころかブレーキディスクも無いふざけた展示でした。そのせいかかっこ悪るくて撮る気も失せました。


アウティR8
出たばかりの高額車なのに、このモデルが普通に展示されて、新型A4がお立ち台のようなところに展示されていました。
Mts11

Mts12
でもメルセデスは結構な高級モデルでも勝手に座れるのに、アウディは一台も無しです。BMWも無かったかな。


新しいインプレッサSTI
この色だと思ったよりかっこよかったです。
Mts13
後ろ撮ってなかったけど、交換したかのような4本出しマフラーがいいかも。

アルファも普通のモデルでFR作らないのかな~
Mts14
ベースがベースだから無理ですね。。。

GT-Rは平日で天気悪かったのにめちゃ混みです。
Mts15
なんか殺気立ってて怖い。。。

ただ入れ替えせいなので待っていたら最前列行けました。
Mts16
でもなかなか車がここから回転しないので聞いたら、次に回るまで15分ほど掛かると言われ前から脱出しました。
質感高くてかっこいいです。

カットモデルも。
Mts17

最初4WDのトランスアクスルということで、ペラシャが行って帰って来てるので笑っちゃいましたが、フロント配分用はそれなりに細くなっているんですね。
Mts18

Mts19
この後にランエボXのカットモデル見ると、貧弱に見えてしまいました。パワーが違いますからね。

そういや一昨日くらいの夜に、横浜でNewGT-Rが2台連なって走ってましたがなんだったんでしょう??

Mts20

Mts21

Mts23


ニューアテンザは、普段トランクが狭いというかほとんどないような車を見慣れているせいか、トランクが超広大な空間で驚きました。
Mts22


ミニのコンバーチブルもかわいくていいかも。
Mts24

後ろの人はスピード出すと息苦しそうだけど大丈夫なのかな?
Mts25


プジョーのまさしくライオンみたいなモデル。
後ろにかけてアウディTTみたいな感じしますが、これ見るとTTが大人しすぎに見えてしまいます。
Mts26

でも後ろはかわいすぎ(?)
Mts27

疲れた~あれ?タイヤとか2輪無いのかなと思い、ネットで見たような気がしつつも来年だべ来年とか勝手に決め付けて帰ってみると、会場案内図に別館とありました(笑)


| | コメント (2) | トラックバック (0)

MOTORSPORT JAPAN 2007

今年もお台場のイベントに行って来ました。
去年は1日目でしたので今年は2日目に行きました。

調子に乗ってきて(?)有料席なんか出来たので、朝から行列が出来ています。
しかし一部だけ立派な席で有料なんてあまり意味ないような。
ほとんどの見学スペースは、相変わらずフラットで皆手で上げたカメラ越しにしか見えずです。
簡易な段差でも設けた方がいいのに。

全く無かった食べ物屋は、今回これでもかってくらいあちこちにあり、いつでも食べれる状態にこちらは大分進歩していました。

早速見て回ります。
Msj1

Msj2

Msj3
去年は少し離れていたエンジンは、通路にそのまま置いてあって触れる(いいか悪いかかは・・・)状態です。
タービン指で回してしまいました(汗)。もうあまりスムーズでは無いようです。FDのがよく回ったような(笑)

前からしか見れなかったマクラーレンは、後ろにも回れるようになっていてコックピットも見れますが、暗くてよく見えませんね。
Msj4
なんでシートベルトを金具で吊ってんでしょ。

走る方のホンダF1はメンテ中。
Msj5


ザナビィZの、窓のインテークの隙間にレンズを入れて撮ってみました。
Msj6
車体は撮ってませんでした(汗)

今年の雨宮セブン。
Msj7
会社の都合でアスパラが居なくなって、去年チャンプの性能調整もあったのか、今年は辛そうです。

やはりあのお方も。
Msj8
そういえば石原都知事が名誉会長になったそうで。

Msj10

Msj11

Msj12
モンスター田嶋氏。正面撮り損ねたけど顔がでかい(@@)
Msj9
マシンのスペックが、海抜0mだと1000馬力だそうで凄い加速です。おまけにフェンスぎりぎりに全開にするは、手前のオフィシャルぎりぎりにドリフトして行くはで、走りも超野生的です(笑)。オフィシャル達は砂埃飛びまくりで苦笑いしてました。

今年はメガウェブだけでなく、こちらもトヨタF1走りました。
Msj13
最初の年は様子見で、ホンダが走って人も沢山来て好評だったから、それならうちもって感じですか。。。
Msj14
うーん、もうちょっと広視野角液晶ならば~

インプレッサWRCカーのブレーキ。
Msj15
4結なんですね。最近この面白いパターンのスリットが流行っているみたい。
こちらも車体は撮っておらず。


お待ちかねのGTカーによるデモ走行開始です。
今年は秘密兵器(?)持参で、肩車の子供を遥かに凌ぐ高さを誇りよく見えます!
Msj16

Msj17
脇坂選手は、昨日は大胆に走ったそうですが、現役マシンなので少し大人しめな走行となりました。

細川くんは大人しすぎです。レース以外で壊したら承知せんで!とか言われてたのかな。
Msj18

Msj19

本山さんは、慣性ドリフト気味で振り回してくれました。
Msj20

Msj21
この人々の列の厚さ。3、4列目以降はモニター見るか音だけ聞くかでしょうもない状態ですよ。なんか考えないと~
Msj22

カルソニックR32 GT-R!!
Msj23
昨日は星野お父さんが走ったそうですが、そのせいか今日は腰痛だとかで息子が搭乗。
片輪走行でもしたのかいな(笑)


今年はテンポ良くデモ走行が続きます。
F1の走行で、まずヤルノのパレードラン。
Msj24
ドライバー乗る時、ちょっと報道寄って集り過ぎだって。。。全く観客から見えないでないの。
Msj25


Msj26

Msj27

Msj28

続いてホンダF1。
Msj29
向こうの第一期マシンは、エンジン点火のみでしたが昔の荒らしい感じはあるものの、V12ならでは甲高い音は響かせていました。

バトンのパレードラン。
Msj30
2回目はサングラス取ってたけど携帯で撮ってしまいました~。ヤルノと違って女の子がキャーキャー言ってます(笑)

Msj31

Msj32

今年は両車とも、ちゃんとドライタイヤなせいか、トラクション・コントロールはずっと切って走っていて、甲高いF1サウンドが聞けました。
レブには当てまくっていました。
バトンの時は、思いっきり白煙上げる時は踏みっぱな感じですが、それ以外で一旦スライドし始めると、低回転でボーボー軽く吹かすだけでキュルキュル回って楽しそうです(笑)
LSDの設定とかもMAXにしているのでしょう。

去年と違って外に出てて、日の光に当たるオレンジ色が綺麗です。
Msj33

さりげなく右京氏が。
Msj34

2回目のF1走行。
Msj35

Msj36

途中上の方から見ていたら変なところに火が!?と思ったら、無線が入ったようでそそくさと戻ってエンジン止めて、消火器浴びてました(@@)
Msj37

Msj38

Msj39
皆は結構盛り上がってたけど。。。
その後冷却の為かもう一回軽く走って終了。
フジのアナが富士の抱負、抱負としつこい。

疲れたのと秘密兵器への風当たりが強くなってきたので(汗)、トヨタの2回目は音だけ聞きつつ撤退。
来年は使いにくくなりそうな予感。。。


これで生F1をかなり見れたので、この臨場感を忘れずに週末の日本GPのハイビジョン生放送見ようと思います。
かなり早い段階でもチケット当たりましたが、沼津の駐車場とかでめちゃ遠くてキャンセルしました。

儲かってるのに自由席も高くなってるわ、決勝見ない時の払い戻しも無いわでどこまでファンをなめてるのかトヨタ。鈴鹿再開も決まったので(出来れば来年からにして欲しかった)、駐車場と道路整備に金掛けるまでは、鈴鹿見に行って富士自宅観戦で行きましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SUPER GT 第3戦 富士スピードウェイ観戦

毎年恒例になってきたGWのGTレースを見に行って来ました。
Fujigt1

今年は行きから渋滞にはまりまくりでした。

そんな関係で駐車場も場外でも随分遠いところになってしまいました。帰りにバスが混んでいても歩いてはちょっと来れない距離です。


早速疲れたので、ビール飲んでレース開始まで一時間ほど一眠りしました(笑)
気持ちよかった~

SC430がスピンしたみたいでフォーメーションラップを2周してスタートです。
Fujigt2

タカタNSXが1周目から後続引き離して行きます。さすがに速いマシンが2戦連続だめだったので軽いだけある感じです。
道上さんもいい加減可哀想なので、今回はいいところ行って欲しかったのですが。。。

いつもの辺りからコース一周見て周ります。
Fujigt3

今までなんとなく一旦コース外に出ていましたが、ずっとコースの内側も歩いて行けたんですね。
Fujigt4

Fujigt5

しかしレースクィーン追っかけてない人でも、プロ顔負けの装備で撮っている人多いんですなぁ。

100Rの内側は180度パノラマ状態で、場所ものどかでよかったです。
でも追っかけて見てると首疲れるかも。
Fujigt6

Fujigt7

Fujigt8

ヘアピンを上から見ていると、結構各車の挙動がわかって面白いです。
Fujigt9
ポルシェはタックイン使っているのか、派手目に滑らせて曲がっているようでした。
あとクリップ辺りで一旦離したブレーキを、またちょんブレしているのも結構あって、左足ブレーキなのかな。
向こうにF1用らしき仮設スタンドが出来ています。GTでは無料のようでした。
Fujigt10

Fujigt11

その仮説スタンド入り口辺りより
Fujigt12

Fujigt13

複合は凄い人でしたがコース見ながら歩いて、最終コーナー近くまで行ってから、ストレート下を潜ってグランドスタンド裏へ向かうトンネル途中アナウンスで、「エプソンNSX火が出た~!赤旗です。赤旗が出ました~」と聞こえました。赤旗てことは一旦レース中止じゃん!?慌てて地上へ浮上します。
なんでトンネル内で(^^;
Fujigt14
レースはまだ成立しないだろうな~てな時間でしたので整列して止まります。GTの場合赤旗中の時間も経過したままでやるようです。フォーメーションラップも周回数にカウントされるとか。何台か隊列整える為に1周していました。
途中燃えたNSXが戻ってきます。こちら側だけかあまりなんとも無いような。
Fujigt15

でも丁度グランドスタンドに来たところなので、2回スタート見れる上、最初のスタートで見れなかった、ローリングスタートシーンを見れたのでラッキーでした。

Fujigt16

にしても、火が出てすぐに赤旗出したのは、以前色々あった富士だからでしょうか。
セーフティーカーだとしも、築いたマージンは無くなるから引き離していたチームにとっては同じでしょうが、違いのわかる由良さんも解説していましたが、全開で走っていていきなり想定外の長時間停車しているので、不具合出る車がありそうです。

ストレートでエンジン音を官能していると、やはりGT300のムルシェラゴと雨宮7がいい音です。
丁度ムルシェ、セブン、ムルシェとしばらく走っていたので、ファーン、プァーン、ファーンと立て続けに聞けました。
去年ストレートでムルシェの音が詰まっていたのはなんだったんだろ。
異様に遅いガヤルドも音はよかったです。

しばらくして1コーナーの方へ行くと、タカタNSXが300クラスの車に抜かれていました。エンジン音もばらついていて明らかにおかしいです。また今回もか~
開幕戦で火が出たし、おそらく赤旗で止まっていておかしくなったんでしょう。

で後ろにいた本山さんのZが勝ちましたが、こちらも久しぶりだと思うのでよかったなぁと思ったものの応援団が凄くてちょっと怖かった(^^;
Fujigt17

Fujigt18

表彰式の途中、300でリタイヤした車をピットで降ろしていました。
Fujigt19
荷台の横で降ろす途中、ガタッと音がしてトラックの右前輪が浮いてました(@@)
クレーンが2階のガラスに当たりそうでしたが大丈夫だったようです。
恐ろしい。。。フォーミュラーじゃないのにこういうやり方しかないんでしょうか。


ピット裏に侵入すると、タイヤブースを発見。
ダンロップはもう外し終わったようですっきりしています。
Fujigt20
ブリヂストンは数が多い~
Fujigt21
タイヤ外すところ見たかったなぁ。

ピットの方に向かうと、熱烈なファンに見送られてレースクィーンが帰るところでしたが、その助手席にドリキンが乗っていました。
なんか怖い顔してたけど。。。これからレースクィーンとお食事かな( ̄ー ̄)

Fujigt22

リタイヤした300クラスのZのブレーキ。
Fujigt23
凄い数のスリットです。正方向で使っているんですね。キャリパーはモノブロックのようです。
タイヤに回転方向指示らしきものが。スリックなので内部構造の問題ですか。
でも反対では??

そのZの運転席。よく見えないですね。。。
Fujigt24

赤旗中断でレース終了が少し遅くなったので日が暮れるのも早いです。
Fujigt25

Fujigt26

Fujigt27_1

かなり暗いですが燃えたNSXを搭載中
Fujigt28

Fujigt29

こんなにねばっていたら、もう最終バスの時間でした。ほんとにギリギリセーフ。
今年のシャトルバスは専用車線ですいすいでした。
一般車尻目に結構あっという間に246より遠い駐車場へ到着です。F1の予行演習かな。
そこの駐車場ではラスト1台でした。。。

でも戻るように山中湖方面に向かうと、時間的に渋滞開始はいくらか先ですが、去年と同じくらい動いてません。
右折ポイントがだめなようです。当日だけでも信号なんとかしてもらえないのかな。


今年はF1の地上波もですが、GTもBSデジタルでハイビジョンでやっているので、これでもう一度楽しみたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

モータースポーツジャパン 2006 フェスティバル イン お台場

タイトルが長いですが、さきのグッドウッド・フェスティバルの日本版を目指すというイベントに23日(土)行って来ました。

http://www.motorsport-japan.com/

このイベント、行く時チケットのこと忘れてたと思ったら珍しく無料でした。

そのせいか会場に着くと、モーターショーやオートサロンに比べると質素な感じです。
無料だと当然ゲートも特に無く、勝手に入れるから余計そんな気がします。


マツダ ルマン優勝車
Msj1

NSX
この適度にマッチョなエアロはかっこいい
Msj2

マクラーレン・ホンダ MP4/4
Msj3

Msj4
横からはかっこいいけど、前は今見ると幅が広すぎに見えてしまいます。
でも今のF1はちょっと狭過ぎですが。

ウィリアムズ・ホンダ FW。。。だいぶ前の(汗)
Msj5

ロータス・ホンダ 中嶋号
Msj6

RX-8パトカー
Msj7
多摩の方で見た事あります。なぜかメッキホイール。税金の。。。
Msj8
タイヤはしっかりRE-01R。やる気です!気を付けましょう。

質素な中にも一応こういうお姉さんも居ましたてことで。
Msj9

マツダのブースでパワー・リトラクタブル・ハードトップ・ロードスターのデモを説明してくれたお姉さん
Msj10
なんか見たことあるなぁと思ったら、マツスピカップのサーキットトライアルで、寒そうなレースクィーンのカッコをしていた人でした。
韓国の方みたい。

それで電動トップは、最初手動でフックを外してボタンを押して開くまで待ちます。開閉でそれぞれボタンは別になっていました。12秒は思ったより早いです。
最後のカバーがちょっとゆっくりに感じるので、これが早く閉じれば10秒くらいになりそうな感じもします。
肝心のリトラ・ロードスターの写真は撮ってません(^^;

ホンダ1.5L ターボエンジン
さすがに小さい。
Msj11

第2期3.5L V10エンジン
Msj12
メカニカルでしぶいな~V12はヘッドカバーがかっこ悪いので見た目はイマイチで撮らず。音はいいですが。まぁエンジンは性能第一ですから(笑)

第3期3.0L V10エンジンは人が集っていて、後で撮ろうと思ってそのままに。。。
最新2.4L V8エンジン
Msj13
やはり小さいです。

スーパーアグリSA05
ホンダの方は最新マシンでしたが、シルバーストーン(イギリス)で先日までSA06のテストをやっていたので、日本に持ってくるマシンは無かったようです。
Msj15
作りがあまり良くなく、Fポンより遅そうな雰囲気です(^^;ホンダとは別カテゴリーのよう。
フロントホイールのアップ。キャリパーのサーモシールが260度までになってます。これ以上高い表示のものもなかなか無いんでしょうけど、この温度だとピット戻ってきて冷えたかどうかの確認用でしょうか。
Msj16
エンジンは入っていませんでした。
Msj17
琢磨号ですね
Msj18
最初まったくノーガードで、やっぱり触るやつとか出て来て(--半分テープでガードされて、後でみたら一周ガードされていました。。。

トークショー
激走GTでお馴染みの龍田キャスター
Msj19

山岸ちゃんは来ないのかなと思ったら、本人のブログによると24日に来たようです。

到着直後に、物々しいガードマンにどけどけて合図されて颯爽と歩いていった、いかにもジャニーズチックなかっこの人がいましたが、やっぱりそうでした。
Msj20
レーシングスーツの話題が出て、下に着ているものはくつろぎモードの本山氏はTシャツ、まじめなのかやる気なのか道上氏はちゃんとアンダーウェア着ていました。
Msj21
最後までトークショー見ていたら、デモランの方の人だかりが大変なことになっていてほとんど見れませんでした。やられたー(><)
ミニ脚立必須です。
Msj22
NSXは遥か彼方~
Msj23
Zと違ってこの後テストに持っていくレースカーのようで、道上さんちょっと大人しめの走行でした。

デモラン用F1。これとは別に展示用にもあったりホンダはサービス精神たっぷりです。
Msj24
他のマシンは、市販車改造クラスからCカーまで並列に並んでましたがF1はVIP待遇です。
この後ここでエンジン始動シーンを拝めました。
じゃエンジンかけまーすと言ってくれました。が、一発では掛からなかったみたい。。。(・・)
排気は向こう向いているとはいえ、囲まれているのでかなりこっちにも音が来そうですが、V8になったせいかそんなにうるさくないです。
デモラン後は数時間に渡って小さい子供をコクピットに座らせてあげて記念撮影していました。羨ましい(笑)
あ、中本さんがうろうろしていて、いいおじさんぶり発揮していました。
座った子供にはでかいポスターまであげてましたが、一般の大人にはじゃんけん大会で2本だけ放出。もちろん速攻負けました(笑)

これが中国GPに向かうって言ってましたが、、、本当ならデビットソンが乗るサードカーかな。イギリスからエンジニア8人来たそうで、丁度いいシェイクダウンになったのかもしれません。

ホンダのニュースリリース

Msj25

ニッサンR390GT1
Msj26

よく見えませんがデモランに向かうF1
Msj27
他のマシンも普通にその辺通って移動していました。さすがにF1は凄い人だかり。
Msj28
全日本の人達邪魔なんですが~(><)
Msj29
だからそこの人達~(><)
ぶつぶつ言ってる風なのは勝手な妄想なので気にしないでください。。。

なんか向こうの方で回ってます。
Msj30
一回引っ込んだ後、予定外の2回目走行となったので、皆がひるんだ隙に最前列に浮上出来ました。
Msj31

TVのインタビューを受けている人と暇そうに待っている人(笑)
Msj32
その後暇そうに待っている人の出番の時は、私の適当な読唇術によると「モータースポーツジャパン 2006!」てなことを言わされているようでした。


ちょっとF1は遠かったので、Fポンは場所を変えました。
Msj33
真っ直ぐ走っているのではなく、パイロンの向こうから向かって来ています。
かなり派手にパワースライドして走っていました。
右手が10時の位置ぐらいまではカウンター当ててコントロール出来るようです。
直線もカウンター当てまくりで真っ直ぐ走っていなかったです。
最後はスピンしていましたが、うまくリカバリーし逆走してドーナッツターンと、レースマシンらしいですが本気で走ってくれて感無量て感じです。
横溝選手て誰かタレントに似ているような・・・誰だっけ
松田くんも超過激で、一番タイヤスモーク上げていました。
F1がドーナッツする時以外、トラクションコントロールでバリバリいわせて普通に真っ直ぐ走っていたので、それより迫力あった気がします。見る場所も良かったと思いますが。
この前のF3の時は石ころ飛んで来ました。直線で砂踏んでハーフスピンしていたし(^^;

目の前でホイールスピン・スタートしてくれましたがシャッター間に合わず。。。
Msj34

この後ニッサンR92とかさっきのより本格的なCカーでスピンターンしまくったりしていましたが、デジカメの充電が甘くて電池切れました(><)
古いニッサンR381も長谷見さんが乗って、かなり味のある走りでした。公式ページに写真がありますが、コーナーでウィングが段違いになるのが見ていてわかります。
サスも柔らかいのか直線で踏むと前が浮き上がっていました。
社内でぼろぼろになっていた車を2,3年掛けてレストアしたらしいです。

トヨタは、後で知りましたが自分のところのMEGA WEBにほとんど飾っていて、こちらには参戦初期のF1ぐらいしかありませんでした。デモ走行もこっちは全然無いし。。。夕方行ったらAAAのライブはただ見出来ましたが(笑)

http://www.megaweb.gr.jp/Event/Toyota_motorsports/


24日は、ルマン優勝の一年くらい前の4ローターカーもエンジン始動だけのはずが走ってるし!F1は長めの距離走ってたので24日も行けばよかったーo(><)o


とにかく今までのイベントと違い、本格的なデモ走行がこれでもかってくらいあるのが新しかったです。来年も是非開催して欲しいです。
あまり食べ物売っていなかったので、これも用意して欲しいかな。目の前のディリーストアが大変なことになっていました。

グッドウッド意識するならお台場の周辺道路封鎖して、前から話だけあるお台場GPを再現した感じにでもしてくれればな~警察も協力していたので不可能ではないような。

石原都知事も呼んでF1走行見せれば、こりゃたいしたもんだてその気になってくれないかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

SUPER GT 第3戦 富士 観戦

去年に続き今年も見に行って来ました。

今年は早めに出てって出来てればピットウォークをゲットしようと9時過ぎに着きましたが、すでに場内駐車場は満車で場外も近くは一杯で少し離れた駐車場になってしまいました。
そこから専用のバスで向かいました。去年は昼前に着いたのに余裕で入れたのに今年はそんなに人が増えたってことでしょうか。でもサーキット内は1000円くらい取られましたが、場外だとバスも含め無料でした。
去年遅くまでサーキット自体出れなかったので、ある程度場外に振る対策をしているのかもしれません。バス内でチケット販売or確認をして、帰り乗車用のチケットをもらい降りました。

入ってみるとすでに大混雑~(><)
ピットウォークは7時から発売で、1500円で1000枚ですがやっぱり即効売り切れたようで、微妙な微笑みの販売姉さんの顔には今頃?と書いてありました。。。

レースクイーンと戯れてる。。。じゃなくてイベントに参加しているはっちゃん。この時は優勝するとは思ってなかったのかな。
Photo
もう使われなくなったGTマシンが飾ってあり子供が乗れるようになっていました。計器類は外してありましたが、助手席には巨大なクーラーが付いていました。
Photo_1
スタート前
Photo_3
雨宮ピット。奥では雨さんらしき人がなんか配ってます。それにしてもレースクイーンの人だかりが凄い!
Photo_4

出店など今年の雰囲気を見ながら、とりあえず落ち着く場所を求めてさまよいます。
何にも持っていかなかった去年の反省から、クーラーボックスにビール&焼酎とTC1000用に買ったコールマンのディレクターチェアを持参。
連れにも言ったら前日速攻でチェアを買って来ました。
ちょっと移動は面倒ですが、椅子はベース位置に置きっぱなしにしたので、落ち着けばなかなか快適でした。

デモ走行では、D1カーが綺麗なドリフトで抜けていきます。同時に同乗走行になっているようで2人乗っています。いいなー
後でホームストレート行くと、ドーナッツが沢山あったのでクルクル回っていたようです。
Photo_2

去年は途中の観光渋滞にはまっているさなかに、音だけ聞けたGTカーのウォームアップ・ランも見れました。昔はF1も決勝当日の朝にあったんですよね。

前座レースはマーチカップ。ビッツレースはいつの間にかやったのかな?マーチのスペックを連れが買ったオフィシャルガイドで見ると、なんとたった90馬力(1300cc)。これで富士だとストレートだけでなくコーナー間も退屈そうです。
台数も多くてコカコーラ・コーナーではフォーメーションで渋滞が発生しています。レース始まってもオフィシャルのカルディナGTがついてってます。
何台かインに巻き込んだあと外に吹っ飛んで行ってました。。。
ペースが遅いので団子が行くとなかなかやって来ませんでした。

どうにもお腹が空いたので、焼きそばとフランクフルトを買ってのんびり戻ると、座った途端スタートした車が走って来ました(@@)もうスタート!?
危ない危ないスタート時間14時かなと勝手に思っていたら13時50分でした(笑)

食べ物は、レストランは指定席等のパスが無いと行けない空間に隔離されているので別として、パドックの食べ物屋はちゃんとした建屋に入っているところはどこも長蛇の列です。入り口よりの屋台は比較的空いていますが、やはりそれなりで、値段は大して変わらないのに量は少ないわ蓋は付けてくれないわで、人が並ばないにはちゃんと訳がありました。
おばちゃんの対応も適当でお金払いたくなくなります。なるべくちゃんとしたところで買った方が良さそうです。

始まって早々、洗剤革命ポルシェが1コーナーでストップ。座っていた芝生までスタッフがチラシを配りに来てがんばっていましたが、肝心の車はがんばりきれなかったようです。

しかし先ほど、止まっているようなマーチのレースを見せてくれたおかげでえらいスピード感です。

エンジン音は、ランボルギーニのムルシェラゴがダントツいい音です。フォーン~とV12ならでわの甲高いトーンで、ヴォーンとかボェーン(笑)て感じのV6やV8とは別次元の快音です。ちょっと他の車と離れて走っていて欲しい感じ。
後はGT300のNSXがいい音していました。
雨さんちのセブンは音がほとんど聞こえません。他車と間隔が空くとかすかにプォーンと虫が鳴く(?)ような音が聞こえるだけでした。
混走時はNAレシプロ軍団の地に響く爆音にかき消されてちっとも聞こえません。

30分ほど見ていたら、風が冷たくて寒くなってきたので移動開始。
ヘアピン過ぎ
Photo_5
ヘアピンを立ち上がっていくアスパラセブン。他にも途中一台くらい居た気もしますが、セブンだけ窓が全開なんですよね。ストレートスピード落ちそうですが、よっぽど熱いのかな。
Photo_6

去年は走っているところを見れなかった、複合コーナー開始地点へ向かいます。
複合入り口
Photo_7
Photo_8
複合最初の方を内側から
Photo_9

救出用に元々開けられたところですが、去年は全然車が居なくて写真が撮りやすかったのに、今年はオフィシャルのカルディナや救急車が待機していてこのように開けているところがあまりありませんでした。まぁしょうがないです。
Photo_10

グランドスタンドは、音が反響しているので音がいい車の場合はとてもいい感じになりますが、そうでないとちょっと頭が痛くなりそうなうるささです。鼓膜もかゆくなります。
Photo_11

ストレートでは雨さんセブン、3ローターの快音がきちんと聞けました。
セブンは左にしかエキゾーストが出ていないんですね。
インフィールドでは、右から見る場所がほとんどなので、音が逃げて聞こえなかったようです。他の車はFRは両出し、RRやMRは当然後ろなのでよく聞こえていたようです。
ストレート通過中アスパラ・セブン動画約2M
「7.wmv」をダウンロード

ストレートでは逆にランボのV12が苦しそうでちっともいい音していませんでした。相当リストリクターで絞られているようです。
6000ccをGT300に押し込むなんて全然回らなそうです。

しかしスタンド下からの風の吹き上げが凄くてとても寒いです。
案外夏の暑い時期丁度気持ちいいのかも。

1コーナーは指定席を過ぎた先から、ほんのちょっとだけ曲がっていくところが見えます。見ていると、終盤で色々消耗しているせいか、タイヤスモーク上げながら曲がっていったり、フラフラとクリップに付けなかったり色々な車が居ました。


場内ラジオはほとんどの地点でまともに聞けませんでした。よっぽど出力弱いようです。場内アナウンスもピンポイントでしか聞こえないし、表示プレートもほんの一部なので歩き回っているとマシンの挙動は見れますがレース展開はちっともわかりません。
F1開催を考えると、仮説スタンドを建てるといい感じに見えそうな場所とそれなりのスペースが結構ありました。


そして疲れたぁ~と椅子を設置した芝生に戻って来ると、丁度終了して手を振ってくるドライバーが(笑)あれ?もう終わりですか(^^;
アナウンスで盛り上がりも聞こえなかったなぁ。。。

ということで詳しい経過は、帰ってケーブルTVの中継を録画したのでそちらで確認しました。現地でもアナウンスが叫んだおかげで、元チームメイト同士の彰くんと寿一くんの凄まじい争いが見れましたが、彰くんは一日中こんなだったとは、表彰式でエキサイティング賞?とか最もエキサイティングなドライビングをした人にあげるという賞を受賞した意味がわかりました。


皆さん去年の渋滞があったせいか、途中からかなり帰っていましたが、レース終わったら即効引き上げています。
しかし我々は最後にピットに忍び込む予定なので、表彰台を見に行きます。

3時間大声で会話していたので喉が嗄れ気味です。

かなり寒くなって来たので、自販機はホットドリンクは全て売り切れな勢いでした。ホットはちょっとしか無いので、この時期の富士にしては配分を間違えているようです。

コースを歩けるのは、やはり新生オープンした去年だけのイベントだったんですね。最初の案内がはっきりしていなかったので、皆かなり制限を越えて行って収拾付かなくなっていたのでやらなくなったりして。自分もでしたが(汗)

GT500表彰式
Gt500
走り終えたマシン達
Photo_18
セブンも完走
Photo_19

表彰式が終わると、トンネルをくぐりなんとなくピットの方へ向かいます。

リタイヤした方のランボ。
Photo_13
ヒロミのフェラーリ。リアタイヤが細いような?
Photo_14
しかしブレーキ・キャリパーがでかっ!!MRのフロントなのに。暗くてブレました。
Photo_15

前回完全優勝のTAKATA NSXもリタイヤです。
Nsx

洗剤革命ポルシェ。
Photo_16

雨さんには去年直前でステッカーが切れたので、今年こそ貰おうと思ったら監督達が今は集合掛かっているのか全然居ない様子。
ドライバーは、むすっとしながら?写真撮影に応じていた伊藤大輔や、ディレクシブの谷口選手など見かけましたが、出来ればディレクシブの監督を見たかった(笑)

Photo_17

撤収願いのアナウンスが流れたので引き上げます。

人が減ってくると見えなかったマシンが見えて来ました(笑)
デモ走行で走っていたセブンを発見。
Fd
なんとロータリーを積んだNAロードスターもありました。
Photo_12

場外駐車場行きバス乗り場に行くとまだまだ長蛇の列!!列が折り返しまくっていて、係員に聞くと10数台分とのこと。しかもそこの駐車場だけで10台で回しているも戻りが混んでいてなかなかたどりつかないとか。。。
歩くとサーキット内を含めて4、5kmで1時間ほど掛かるようですが、あっさり歩いた方が早いですねーというので歩くことにしました。

途中バスには3台ほどにしか抜かされなかったので大分早かったと思います。
その後246に向かうまではすいすいでした。途中新しい道路も出来ているようです。んな歩いてられるかーとビール飲んで(乗っかりです)睡魔が襲っていたのでイマイチ記憶が曖昧ですが・・・
246乗ってからはちっとも動きませんでした。。。

去年は道志を通る為山中湖方面に向かいましたが、結局全然動かずしかもあっちは登っているのでマニュアル車には地獄でした。246方面は基本的に下りなのでマニュアル車はこちらですね。途中から動き始めましたが、ペースは遅く東名もずっと渋滞のようなので、昔から使う裏道を通り今年は日付を越えずに帰って来れました。

でももしこれがF1帰りとなったら、翌朝とかになりそうな気がしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マツダスピードカップ サーキットトライアル参戦(前編)

12月18日に行われた、表題のイベントに参加して来ました。

MAZDA SPEED CUP CIRCUIT TRIAL

MAZDA Fan FamilyDay

この為にB級ライセンスも所得しました。
無くても出るには出れるのですが、どうせならと先に取りました。出ることでも取れます。

もろもろのパワーアップも、元々考えてはいましたが、合わせて一気にやってしまった感じです。


しかし寒気の影響で、とてもとても寒い1日でした。
朝5時出と通常のライセンス走行では考えられない時間に出て行きました。まだ空は真っ暗です。
筑波付近のガソスタには、他メーカのそれらしい車が居ましたが、当日はTC1000のファミ走がありました。気合入っている人はこんな時間から来ているんですね。。。


到着したら、さっそく受け付けです。
TC1000の方の入り口から入ります。ロードスターのパーティーレースは5時半受付と信じられない時間なので、すでに沢山車は集まっています。
pnf
こんなちゃんとした公式プログラムに、自分の名前が載っていると不思議な気分です。連れの話では500円で売られていたとか~(@o@)
専用のパスケースは、ピットクルー申請した連れの分も付いてきました。


すぐRX-7グループの駐車スペースへ移動です。
7pk
これはお昼頃の状態です


早速走行の準備をします。
TC2000では初めて借りた計測器は、黄色いボックスからセンサーが伸びていて、競技用のせいかちょっとごつい作りです。
自分でも走行中わかるようにP-LAPも取り付けます。

いつもと違うのは、ゼッケンを貼るのとブレーキのリザーバーとバッテリー+端子へのテーピングぐらいでしょうか。
ゼッケンは走行会でもたいてい貼りますね。

ここのところの筑波通いのせいで、左タイヤのショルダーが減っていたので、数日前裏組みしたのですが、気温が低いせいかその時より0.2kほど圧が下がっていました。。。
スタンドで入れてくるんだった~


しばらく時間があるので、他のクラスの様子を伺います。

RX-8のトライアルは、さすがにわんさか参加していました。
RX-7はそれより少ないとはいえ、いっぺんに全て走るのでちょっと多いような。。。

ロードスターのパーティーレースは、凄い参加台数でピット前に並んだ姿はなかなか壮観です。
rdpt
1時間耐久が2本あるので、かなり色々な方が参加されていました。
あまりの寒さに食堂に逃げ込むと、カーグラTVでも見掛ける編集部の人々に、昔モーターランドで良く見た日下部さんやら色々いました。グランツーリスモ開発者の山内さんも居ました。

rdpi
パーティーレース集合撮影の様子。無理やり盛り上げてました(笑)


車検ですが、結構あっさりと終わりました。
申請時より追加したものがあるので、それの申請をします。
技術員と一緒に居たアシスタントのお姉さんは、普段筑波内のガソスタで働いているそうです。

車載ビデオがなんと、個人鑑賞にしか使いませんという申請が必要でした。

その後ドライバーミーティングですが、場所がはっきり書かれていなく探し回って少し遅れてしまいました。
今回は一応競技なので、明らかに速い車やスロー走行中にアタックしている車が来た場合は、ブルーフラッグが出されます。
なんかわくわくします(笑)
抜かれる車はそのままの体制で抜かれるのを待つように~とかの説明がありました。

時間が前倒しの為、5分後にはコースインです!とか言われ皆慌てて車に向かいます。

最初1周完熟走行があり同乗可能なのですが、オフィシャルにヘルメットもう被った方がいいのか聞くと、後で時間があるからいいですよーというのでそのまま向かいます。
と、ここでコースサイドの車の中でかなーり待たされます。
やっとコースインと思いきや、「ヘルメットは?」と聞かれ「え?後ろに載ってますよ」「あれもう被っといた方がいいんですよね(他のオフィシャルに確認中)」「うん!横に止めて被ってもらって!」「え!?さっきまだいいって言われたんですけど・・・」「1周したらすぐアタック開始なのでそこ止めて準備してください」「そ、そうですか~」うーん、どうなってんでしょう。待機させられていた間に準備すればよかったのかな?
でもいつ動き出すかわからなかったのです。

その為最後尾になってしまって、少し待たせてしまいました。。。すみません。

隊列整えて、1周してピットレーンに並びます。
ピットレーンで2列に並ぶなんて変な感じです。

連れの同乗者はすかさず降りて、リアハッチを空けて車載ビデオのスイッチを入れてもらいます。


さぁアタック開始です。
しかし詰まっていて2周、3周してもストレートを飛ばすくらいで、あとはスロー走行です。
ちょっとペースがあがるもすぐにつかえてしまいます。
やはり後ろの方は良くないですね。
CT

某関西有名ショップフルエアロの凄そうな車に付いて行こうと思いましたが、諦めたのかスローダウンしてしまいました。


その後もストレート1本くらい空けても、1ヘア抜けた辺りでつっかえてしまいます。
貴重な周回数がどんどん減っていきます。
車載ビデオからは、この時初めて自分の雄たけびが聞こえました(笑)

しかしEVC、やっぱりブーストの掛かりがいいです。
やっとその他もろもろの排気系も活きて来たのでしょうか。
セカンダリー効いてからどっかーんて感じです(笑)
特に高回転の伸びが良くなったので、気を付けないと回しすぎてしまいます。
0.85kかけて今までみたいに踏んでしまうと、コーナー立ち上がりでリアが流れまくりです。
こりゃーコーナー間の加速も爽快で楽しいです。
普段踏む分にはここまで思わなかったので、気温(2,3度?)が低くかったのが大きいのかな。
CT4

しかし結局まともにクリアラップが取れないまま終わってしまいました。
ブルーフラッグも出るし、もうちょっとがんがん抜いて行くべきだったかなぁ。


走行2回目まではまた時間があるので、他の走行を見ました。

ロードスターの耐久レースが始まりました。
さすがに本当のレースなので(?)、ヘアピン立ち上がりで突いてちょっと当たったりして、オープンならでは手で合図していました。

新設トイレ上の2Fに暖房がめちゃくちゃ効いていて、天国のような観戦スペースがあったので、そこで見ていると某超有名雑誌&TVチームが来てあぁだこうだ応援していましたが、ちょっとうるさかった。。。
品を売る雑誌がいいのかぁ~


おなかも減ったし、走行まで時間を空けた方ががいいので、ここでお昼にしました。同行者も含みクーポン券があるので、タダです。ていうか私のエントリーフィーですね。
風が強く使い捨ての食器なので、屋外で食べるのはなかなか大変です。

今回長いので2回に分けます。
後編に続く。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005 東京モーターショー

ディーラで無理矢理(?)チケットを貰ったので、乗っかりってこともあって行って来ました。

今回、RX-7のプロトタイプが出ると、ディーラで言われていたので、それなら行きますって言っておいたのですが、どうやら正体は先駆だったようです。。。


なぜかブリジストン・ブースにだけ、あったフェラーリ2by2シーター。
今までの4人乗れるモデルは、ほんとにフェラーリ?ってくらいかっこ悪かったのですが、これはなかなかです。
f2by2

f2by2_r

f2by2_ckp


先駆。でかいアクセラのよう?
senku

バンキッシュ以降のアストン・マーチンはかっこいいですねぇ。
astn

astn_r

数少ないF1展示のひとつルノー。タイトル総なめなので、当然の展示でしょうが、その割には控えめです。
run_f1

ポルシェは、ボクスターをクーペに仕立てたようなのが出てました。BSカーグラでは絶賛でした。
pol

今回最も集客力があったと思われるGT-Rプロト(でもおやじとVIP系には、セルシオプロトかな)
写真はイマイチでしたが、実物はなかなかかっこいいです。でもでか過ぎるかな。フロントは前回と変わっていない感じです。下面は、隠す為か本当なのか、完全フラットでした。
gtr

gtr_r

F430。360モデナよりかっこよくなってます。
ferra

三菱コーナーに、島谷ひとみが!?本物よりかわいいかも(笑)立ち止まらないでくださいって言われても(><)
shima

最も力の入った、F1の展示を行っていたトヨタ。
思わぬ前半の好成績が、よほど嬉しかったのでしょう(?)他と違いエンジン入っているし、本物そのまま持ってきた感じです。ぐいんぐいん回っていました。
toyo_f1

toyo_f1_r

toyo_f1_r2

ステアリングを、見やすくディスプレイされていたのは面白かったです。出来れば説明書きが欲しかったですが、企業秘密??パドルにも部品ナンバーが張ってありました。
なぜかラルフと、トゥルーニのスーツとメットまで展示していました。

そしてV10エンジン搭載のF1記念車。V10のディスプレイは、ファンネルにF1のような集合エキゾーストが付いていました。あれでは出ないと思いますが・・・
L_f1

L_f1_ckpt

L_f1_r

ニュルでスクープされていますし、ハリボテぽいGT-Rに比べると、かなり中身が出来ているようです。こちらも、凄いデュフューザー風のリアを持つだけに、フロア下面は完全フラットです。

ブガッディ。1001馬力だそうです(笑)8リッターW16気筒で、最高速400kmオーバーだそうで~好きにしてくださいって感じです。デザインはなかなかおちゃめ?
エンジンがでかいのか、車体が短いのか半分をエンジンが占めています。
外の一般の駐車場に、この前モデルくらいのブガッディが停まっていました。4ターボ4駆の平べったいやつです。実は駐車場見て回る方が楽しそうです。警備員に捕まるかもしれませんが。
bug

bug_r

BARホンダ。こちらも本物のような感じですが、後ろが見えにくい展示なので怪しいところです。
hd_f1

hd_f1_r

hd_f1_r2

お昼に外に出たら、FDのパトカーがありました。4型のタイプRSと自分と同じ型なので、なんとも微妙な気分です。
fd_pat
リアのマークがアンフィニでなく、マツダのカモメ仕様なので、正確には4型最終の4.2型のようです。
外から見る限りフルノーマルでした。
1年に2,3万キロの走行のようで、パトカーにしては全然使っていないそうです。
リアシートが狭すぎて、切符を切る時は、外で行うかPAまで誘導すると言っていまいました。
なんか皆その質問していました。
これにだけは捕まりたくないですね(笑)
でも・・・自分:「セブンのパトカーですか!同じ車じゃないですか!?」警官:「そうみたいだな~全く同じだ」自分:「今度からは気をつけます!エンジンの調子はどうですか?」警官:「うむ、特に問題ないぞ。でも。。。」自分:「あぁそれは~。。。あーだこーだ。警官:「しょうがないなぁ今回だけだぞ」って感じで見逃してくれたりとか・・・(そんなわけないか)


ランボルギーニ。エンジンが信じられないくらいでかいです。。。トラックみたい。
lnb

lnb_r

インプレッサWRC。面白いバンパーの空気取り入れ口でしたので、参考に撮ってみました。でも見えませんね。
inp_wrc

ザナビィコーナーのスーパーGTのZ。お姉さんお腹が出てるし、べたべた触ったままなので、手垢が凄かった。
xana_z

あとはベンツがAMG以外は乗り込めたので、新型Sクラスにでも乗ってみようかと思いましたが、似合わないので辞めておきました(笑)運転席待ちが結構凄かったし(おやじばかり)。代わりに手頃な?SLKに座っときました。

雨が降ってきて、2輪と部品は見ませんでした。
本館にも多少部品関係はあり、オーリンズを発見したので、ちょっと聞いてみました。
スチール製の旧PCV車高調と、新しい全長調整式のアルミシリンダーモデル、重量がどれくらい違うのか聞いてみると、20%ほど軽いそうで、手に持ってみると明らかに違うくらいだそうです。
ただ車に実装すると、体感出来るかというとそうでもないそうで、ホイールを軽くした方が、よほど体感出来て、ラップタイムにも影響すると言っていました。先端に付いていますからね。
あとは車高のことや、レートの対応度など聞いてみました。

アルパインでは、カーナビのハンズフリーに、FOMAが付くようにならないのか確認すると、物理的に不可能と言われてしまいました。
しかも新しいモデルは、接続機能が無くなっているんですね。
時代に逆行してるなぁ。


今回、あまり目玉的なものは無く、コンパニオンのお姉さんもかなり少なくなっていました。いつもの説明しながら色々パフォーマンスする、ショーのようにやっているところが少なかったです。

オートサロンの方が、ちょっととはいえレーシングカー走らせるし、よっぽど面白いようになって来てしまいました。

以前の華やかさはほとんど無くて、なんだか寂しいモーターショーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧