車載ビデオ用 ワイコン購入

他の人の車載映像を見ていると、ワイドコンバージョン・レンズを付けた方がコーナーがより見渡せていいかなということで、買ってみました。

wcon

wcon2
DCR-PC105Kはレンズ径30mmでした。
ちょっとでかいので、移動時は外した方がいいかな~微妙なところです。
色といいあまり似合っていません。

当初はワイドTVモードがあるので、これで代用と思っていましたが、VAIO付属ソフトやディスクトップ用に買いなおしたDVD-Rドライブに付属ソフトでは、縮んだり画質が悪かったりうまく取り込めず、以前一回だけうまく行ったぽいのが残っていましたが、どうやったか覚えていなくて再現出来ませんでした。。。

ワイドTVモードでもフロントガラス全面を収めるのがやっとなので、今回買った0.6倍のサイドガラスもある程度入るワイコンには全然かないません。
ワイドTVモードでワイコンが使えれば、さらにサイドが広がって上下の無駄が無くなっていいかもしれません。試すの忘れましたが。

○TC1000 複合コーナーの大体同じ位置で比較 (撮影日時は別々)
・通常撮影
video
・ワイドTVモード
video_wtv
ちょっと歪んでますね。右端が波打ってたりします。画角は通常モードのまま切り替えたようで変に上向きになってしまってます。
・ワイコン装着
video_w
引いた映像になるので、車内の暗さにつられてか景色が白飛びしちゃってました。要調整ですね。


しかしここのところ、走行前に時間が無い時が多いこともあって撮影が失敗していることが多いです。。。
人に頼んだらメモリースティックに録画されてたり、テープだと自動パワーオフするのでそれでほっておいたら2ヒート目電池切れていたり、グリッド上(?)長く待たされた時パワーオフしてたり、この間はついにシート倒し忘れて助手席がでっかく写ってました(笑)

SONY VCL-0630X ワイドコンバージョンレンズ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

車載用クランプ式雲台購入

Webで同じくFDに付けている人が、良さそうなものを使っていましたので、同じのにしてみました。

CLAMPHEAD_45


ただ3サイズあり、小さいものは結構安く5千円ほどで買えるのですが、大きいサイズは1万円ちょっとになります。

中間サイズで行けそうな気がしたのですが、念のためそのサイトの方に聞いてみました。

Fuzz
車載カメラの記事

すると最大サイズでもギリギリとのこと。
危ない危ない。
どうもありがとうございました。


最大サイズを買ってみると、確かにこれでもギリギリでした。
でも高いだけあって、作りは頑丈そうです。


早速、炎天下のなか筑波1000に行ってテストして来ました。

実はカメラよりも先に買っていました。でもカメラがそろわないと何も書けません。
さらにこの時は、車載した状態の写真を撮り忘れました。
車載状態の写真は、先日筑波2000行った時撮りました。
平日で雨予報だったので、ガラガラの5,6台の走行でした。
しかも昼過ぎに到着で、夢にまで見た(?)ピットが取れました。
隣はディノのしゃちょさんで、フェラーリ360チャレンジでした。道楽の次元が違う。。。

追記:画像アップです。でもよく考えたら、Fuzzさんとこの写真と大して変わらないですね。同じ車に、同じ雲台では。。。
105inFD

105inFD_2
そういえば、このTC1000の時には、GWに走りに行った時たまたま写していた(といってもセブンだから撮ったのですが)白FDと赤FCの方とお友達になりました(笑)

えーと、ビデオカメラは当日朝受け取れたので、ほとんど筑波の事務所で充電していました(笑)。

一応マニュアルは、Webから落とせるので、先に読んではいましたが、
1回目は、変な事してしまって、メモリースティックに録画していました。。。

2回目、液晶モニターを自分撮りの向きにして、運転席から確認しながら、リモコンで録画スタート。
半透過型液晶なので、バックライトOFFでも晴れた昼間ならよく見えます。

撮れているようなので、走行開始。

ワイドTVモードで撮りました。

横方向に有利なので、コーナー先も見えるかなと思いましたが、そこまでは行きませんでした。逆に、下の方のシフト操作が見えなくなる感じですが、上にサンバイザーが映っているので、まだ下げれたようです。


帰ってTVに繋げて見てみると、結構綺麗に撮れています。
Webに上げられているものは、通常解像度落としていますからね。
他の人の車載を、借りて見たりもしましたが、VHSに落としてあるし、ダビング重ねていたようなので、ザラザラになっているものが多かったです。
窓ガラスの汚れまで、ハッキリ見えるので、これからはウォッシャーで済まさないで、ちゃんと拭かないといけないですね。

dv-tv

手ぶれ補正のせいか、なんかまったりしていますが、変な揺れはほとんどないです。
サスの動きで、たまにピッチングが起きるくらい。
走っている時は、ストレートでちょっとしか見れない、追加メーターの動きも良く見えます。
P-LAPのタイムも見れれば、この時何秒台かってわかるのですが、さすがに見えませんでした。
角度を工夫すれば見えるかもしれません。

暑くて助手席側の窓は全開だったので、風切り音が凄まじかったですが、エンジン音にタイヤのスキール音もよく入っています。


そのままi-Linkで、VAIOに取り込むと20分で4GBにもなりました~(@o@)
MPEGとかに圧縮しないとたまりません。
取り込むと、なぜか暗部が浮いて、見えなかったところが見えてきた感じです。
TVとPCの画質設定の差とかでしょうか。


しかし、クーリングラップの方が多かったので、ちょっとつまらない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車載用ビデオカメラ購入

ソニーのハンディカム DCR-PC105kという、少し前のDVカメラを買いました。

DCR-PC105set

車載がメインなので、というかそれしか使い道が無いので、かなり安く抑えるつもりで、当初もっと古いものを物色していました。

ただ、どれがどうなんだかわからずで結構時間が経ち、やっとDCR-PC101がコンパクトで良さそうかなと、機種選定が出来てきました。
この当時ならではの、渋いカラーも気に入ったのですが、4,5年経っているので、あまり使っていないものを狙ってはいましたが、この先はどうかなという事と、バケーションシーズンが近いせいか、値段が高騰気味になってしまいました。

試しに新しい機種も見てみて、ハイビジョン対応のものは、面白そうですが、さすがにまだまだ高いし、ちょっと大きくて、横Gであさっての方向向いたりしそうなので置いといて、350系とかもうディスコンのようだし、その前の?PC109は、コンパクトはいいですが、CCDサイズが小さすぎて暗いとかなんとか(車内は暗いので)、あとメモステのDuo専用ていうのも引っかかりました。
携帯に使っていますが、常に音楽が入っているので、結局使えません。
通常のメモステなら余っています。

今回買ったPC105は、丁度第一期車載カメラ搭載欲求期に、新品で探していた時の機種です。
当時はもっと安い、横型のTRV-22とかを想定していましたけど。

色も、その頃は女性向けな感じがちょっと~て感じでしたが、VAIOのR505とよく合いそうです。

ちょっとは、今ぽいデザインにもなるので105に決まりました。
ワイドTVモードも気に入りました。


相場より高くなりましたが、ほとんど使っていない新品同様でした。
例のごとく、箱から何から何まで付いているものです。

久しぶりに実機を見てみると、思ったより小さいのでした。


しかし、バッテリー端子カバーは小さくていいけど、実際のバッテリーはでかくで似合わないですね。


ワイドTVモードは、まだおまけ的要素が強くて、カメラモードにならないなど制約が色々ありました。
液晶モニターの表示も、4対3用なので小さくなってしまいます。
でもPCに取り込んでもちゃんとワイドです。ソフト上の表示は縦長になるので、てっきりだめなのかと思いました。


DVテープは、筑波TC1000だと20分x2かx3本、TC2000だと30分x2本の想定とすると、60分テープだと前後の無駄な時間も入れると少し過ぎそうなので、80分にすると1本1000円もするんですね。
メタルテープのようなので仕方ないのかな。
でも不思議と、テレビ録画のテープだと、ハイビジョン用のD-VHSで、120分x3本セットで2000円ほどするのも高いと感じますが、ビデオカメラ用だとあまり気にせず買えてしまう気がします。


画質は、思っていた以上になかなか良くて、ワイドTVモードならテレビ放送よりも、くっきり見えるくらいです。暗部の再現力とかは全然かないませんが。
実家の、10年前のパナソニックの4対3画角の25インチTVでも、標準サイズで撮ったものを見ると、TV放送と変わらないようにはっきり見えました。やはり暗部はだめですが・・・

巻き戻しなどが遅い気がしますが、デッキではないので仕方ないです。
テープの取り出し時などは、メカニカルな感じがかっこいいです(笑)。

追記:そのテープ取り出し時の画像なんてアップしてみました。

DCR-PC105_open

D-VHSにも、i-link接続で取り込めるようです。アナログ接続など色々試しましたが、プロジェクターには表示されませんでした。なんでだろ?


レース観戦時にも持っていくと面白そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

EOS Kiss N 発売

さっそく見て来ました。
発表時は夜勤でしたので、出遅れてしまいましたが、今日は夜勤明けでしたので、毎度新宿西口本店のお店で実機を見て来ました。

デジカメWatch 【那和秀峻の最新デジカメレビュー】キヤノン EOS Kiss Digital N

まだ店員さんが展示用に、アラームセンサーを付けている最中でした。
持ってみたらホントに軽い!
バッテリー入ってないのかと思いました。でも電源ケーブル無いのに電源入っています。
標準サイズのレンズだと、1眼デジカメとは信じがたい軽さです。
これなら女の人でも、全然楽に振り回せそうです。

大きさも並んでいる20Dが、異様に大きく見えてしまうくらい小さいです。
ほとんど、レンズ一体の高級コンデジ感覚です。

店員さんが、ピントが速いんですよと言っていましたが、確かにピッピッとすぐに合います。
20D並みでしょうか。
20Dの9点式AFに比べると、7点式になっただけですが、1つ1つが大きくなったせいか随分少なくなったように見えました。


質感が上がったと言われていますが、まだ安っぽい感じはします。
モード切替ダイヤル、シャッターボタン周りやグリップ周辺、ストロボポップアップした際のCanonエンブレムの内側、KissNのエンブレムプレートなどは、うーんちょっとチープな感じです。

ただここまで数値的なスペックが、20Dに迫るとは思いませんでしたので、仕方が無いのかもしれません。

高級コンデジの代わりとしては、とても魅力的ですが、

私は使い込み甲斐があって、カメラらしい作りこみの20Dがいいかな~


あと日本名の「Kiss」て名前がちょっと(笑)。
15Dとか型番を付けてサブネーム的にしてもらえればと思います。


カタログは、マニアックで読み応えある20Dとは打って変わって、これでもかってぐらいファミリィ~な雰囲気に包まれています。
ターゲット層的にそうなるのでしょうね。

今回もたくさん売れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォクトレンダー BESSA-R/R2 見て来ました

実はやっと実物確認して来ました。

熱しやすく冷めやすい自分の性格を察して、中古も検討していましたが、おやじが中野に何でも揃う中古屋があると教えてくれたので、ネットで探すとすぐ出てきました。

フジヤカメラです。
http://www.fujiya-camera.co.jp/

さっそくてくてく行ってみると、おやじの話とウェブを軽くみた感じから、でっかーいところを想像していたのでちょっと面食らいましたが、、、ちゃんとありました(そりゃそーだ)。

新品もありますが、基本的に中古屋なのであまり大きいわけないですよね。

1眼レフコーナーは、アナログ、デジタル共大盛況な感じです。フロア変わってレンジカメラコーナーは、ちょっと寂しいですね。
でもさすがに、ずらーっとBESSA一団が並べてありました。
ライカに比べると、狭いところに押し込まれた感じですが。。。

値段は、BESSA-Rで28,000円ほど、BESSA-R2で46,000円ほどだったかな。
しかしえらい差があります。

レンズが35mmで18,000円代でありました。

思わずBESSA-Rとセットで買いそうになりました(笑)

しかし、お客さん沢山居るのに店員余っている1眼レフフロアと違って、お客さん少なければ店員も少なくてつかまりません。
まだ今一踏ん切り付かないので、ガラスケースから出してもらって色々見る気も、あまりなかったてのもあります。

帰りに、新宿でヨドバシ見てみました。
すると触り放題のBESSA-RにR2があるではないですか。さすが本店!
先にこっち寄るべきだったかも。。。

ここではじめてファインダー覗けました(^^;
ぎぃーっぎぃーっとフィルム巻くレバー音が懐かしいです。
なるほど、レンズの焦点距離に合わせてレバーを変えると、ファインダー内でフレームの範囲が変わります。
セルフタイマーも、巻いてからじぃーって懐かしい(笑)
そういえばこのファインダーのピントの合わせ方、おやじが昔持っていたかも言ってましたが、見たことあるような気がします。

BESSA-R3Aとか、等倍ファインダーモデルも置いてありましたが、なんだか見えすぎて気持ち悪い気がしました。
右目でファインダー覗いて、周りを把握しながらなら確かにいい感じです。

ただピント合わせは、凄くやり易い時もあれば被写体によっては合わせにくい(わかりにくい)時がありました。

うーん、風景ならいいけどスナップ的な場合は結構大変でしょーか。

これでやっと、実物のイメージは掴めましたので、再び悩める森へ行って来ます。


帰りに、都心でしかEdyに対応していないマックで、今度こそEdyのキャンペーンに応募しようと寄りましたが、お腹が減っていなくあえなく500円未満に終わってしまいました。500円以上一口でEdyが10,000円分当たるらしいです。

http://www.edy.jp/common/news.html#news_20041021_02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レンジファインダー・カメラ コシナ/フォクトレンダー 

今度はフィルムカメラです(^^;

最新の1眼レフデジカメは、やはりちょっぉとまだ高いです。
フィルムカメラは安いです(汗)
特にしぶいデザインの、レンジファインダータイプとなるとデジカメだと、パナのLC1かほんとにレンジファインダーのエプソンのR-D1となりますが、どちらも高い上エプソンはライカ並にめっちゃ高いです。

R-D1
EPSON R-D1ボディ


ところが、フォクトレンダーというフィルムカメラは安いではないですか。
デザインは、エプソンのR-D1のベースになっているだけあってとてもよいです。

BESSA-R2  かっこいいけどとりあえずBESSA-Rかな
Voigtlander BESSA-R2 ボディ [ブラック]

BESSA-R
Voigtlander BESSA-R ボディ


これなら、どの道欲しかったスキャナーと合わせて導入で使うという展開もありかな?と思ってみました。しかし現像に出して取りに行って、スキャン、補正も?ん~めんどいかな(^^;
ただ、最近まともに写真を見ていないので、プリンターの画像だけでなく、銀塩処理の写真も見ておくのもいいかもしれません。

1眼デジのごつさと比べても、こちらの方が全然スマートに撮影出来そうですので、とりあえずこちらで写真をやってみてからでもよいかなぁとも思えます。


先週末、猫の世話をしに実家に帰った時に貰える予定の、キャノンのレンズを改めてじっくり見ましたが、これがさすがに貰えるだけに結構ぼろくて(^^;がっくしというのも少なからず影響したかもしれません。

さらにレンズの種類を確認すると、28mm固定と100-300mmズームでした。
EOS20Dは、35mmフィルム換算だと画角1.6倍ですので、28mm→約45mmでおよそ標準レンズ、100
-300mm→160mm-480mmでかなり望遠レンズとなります。

標準は普段使うには良いと思いますが、ズームはほんとに望遠としてしか使えないサイズに思えますので、それなりにレンズ交換しないと色々なシーンに適合出来なさそうです。

そうなると、20DはCMOSセンサーへのダストが写りやすいそうなので、新たな問題が出てきそうです。
結局すぐに、FE-S17-85手振れ補正のIS付きレンズを買うことになりそうです。
というようなシュミレーションが出来ました(妄想?)

後々1眼デジを買ったとしても、大きさ的にもバッテリーを気にしなくて味がある?フィルムカメラという事で併用出来そうです。
機能てんこ盛りカメラの前に、こういうのを触っておくとより使えこなせるようになりそうです。挫折しても安くすみます(笑)インテリアにもなります(汗)

フルマニュアルというのも返って魅力です。乗っている車もマニュアルですし(?)
レンジファインダーだと、ピント合わせもやり易いようなのでますますいいかもしれません。


そういえば、小さい頃は指でぎぃーっと巻き上げてカシャ!と写すカメラに、憧れていた気がします。その存在意識がこちらに向かわせたのかもしれません(なんちゃって)

1眼デジのスペックからすると、A4プリンターだと逆に役不足っぽい感じですし、生かそうとすると今度は逆にプリンターがA3タイプなんてのが欲しくなりそうです(どつぼです)。

んー無理やり意識を1眼デジカメ→レンジファインダーカメラに向けています(笑)

ただ対応するレンズの値段が、本体に比べて高いような気もします。

つづく。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)