« 2009年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2009年6月の2件の記事

NC オーリンズ DFV装着

ダウンサスではせっかく換えたタイヤうまく使えず、なんか勿体無いので予定より早めに投入しました。

Ols1

Ols2

ものとして綺麗なのでしばらく部屋に飾っておきたかった~
Ols3

Ols4

Ols5

Ols6


フロントは事前に組み立てます。
Ols7

アッパーの締め込みですが、取説通り減衰調整側の小さい六角を締めても、超小型なスナップリングに阻まれて回り止め用の大きい六角レンチが入りません??
仕方ないのでマイナスドライバーをシャフトの切り込みに当てて締めました。


各部の寸法は取説通り基準車高になっていました。
スプリングのシートだけ緩かったので増し締め実施。

純正ストラットバーをそのまま使う時用に、調整ダイヤルを外してその都度挿して回す工具が付いてくるんですね(赤いやつ)。


リアは純正のアッパーを流用するのでイメージするのみ(笑)
相変わらず、同じ説明書が沢山入っていて取説だらけです。
Ols8

リアの調整ダイヤルは内装に隠れてしまうので、予め切っておきます。
Ols9

どこかで見た上側を広げる方法にしました。
でもこれでは全然足りず、何度かやり直しました。


サスの取り外し、取り付け作業自体は、少し前にダウンサスでやったばかりなので比較的スムーズにいきました。

Ols10

ただフロントはブレーキダクトをサスに固定していたので、その付け直し作業もあるんでした。。。

装着時はアルミシリンダーを傷つけないよう慎重に。
Ols11

右側も
Ols12


リアのアッパー付け替え。
Ols13

ダウンサスにしていたので、全然スプリング縮めることなく、外せて移し変え出来ました。
純正でもリアはあまり長くなかったので、もしかしたらそのままいけるかも?
次回のこと考えると、アッパーは別途用意して組み込んでおいた方が、交換がすぐ出来ていいかもしれません。

Ols14

リアはその関係で少し時間掛かるので、最後はいつも通り夜に(笑)
Ols15

前後を一日で交換すると疲れますた。。。(*´ο`*)=3


フロント純正ストラットバーは、以前ノプロでアンカーを溶接してもらった時に、オーリンズの減衰調整用に穴開けてもらっていました。
Ols16


リアの内装装着状態。
Ols17

Ols18

縁のスポンジが結構グリップして引っ掛かることもあって、大きめになってしまいました。滑りやすい材質だと手探りでやるものなので、もう少し小さい穴でもいけそうです。
ボディ形状や内装の違いに合わせて左右別の形状でカットしましたが、これだけ拡大するならもう少し合わせればよかったです(笑)


慣らしして少し車高下がってきたようですが、やっぱり前が高く感じます。
見た目だけとはいえ、もう少し下げたかったけど時間が無くて、アライメント取りにいつものKTSへ。


装着後は、減衰最弱で走るとかなりフラットで、マンホールなんかもダウンサスだとガタン!と落ちていたのが角が取れてまろやかにと謳われている通りです。

色々違うので直接比較にはならないけど、うちのFDのPCVだとダン!ダン!と強烈に着地しますが、それと比べると別物です。

車の性格も若干違うし、味付けもそういう方向なのかもしれません。

バネレートは標準設定のままで前7kg、後4kg。
リアはレバー比が1対1なので数値ほど柔らかくはないはず?
今は注文時にある程度レート変更できるんですね。
特にNCはRX-8と共用なので、主に強化する方向が充実しています。


もうちょっと走ったら追記します。。。たぶん



>


| | コメント (2) | トラックバック (0)

NC ダンロップZ1 star spec、エンドレス MX72装着

少し前ですがタイヤとブレーキパッドを交換しました。
ホイールは某デモカーを見ていいなと思った、エンケイNT-03です。去年に買っておきましたが、オフセットを前後変える為にもう一セット手に入れて装着しました。
Nt03_1
最初のセットはオフセットがあまり対応車が無いせいか激安でした。
余ったもう一セットに、夏用というかサーキット行かない時期用にコンフォート寄りのタイヤを履かせようと思います。

タイヤは評判がよくて年末から考えていた、ダンロップZ1 star spec でサイズは純正を同じサイズは無いので、215/45となりました。
Z1_1

新しいネオバAD08も結構考えましたが、今回は止めておきました。
FDのサイズだと高過ぎるけど、NCならなんとか履けるのでそういう意味でも悩みましたが~

それほど普段のグリップ感はありませんが、時期的に気温も低くはないし最初からしっかりグリップします。
乗り心地は良好、騒音はちょっとありますが酷くは無いです。
ダウンサスでロールが大きいせいか、角が結構減ってしまいました。
タレはちょっと大きいかも。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ダンロップ 215/45R17 DIREZZA Z2 STAR SPEC
価格:19200円(税込、送料別) (2016/9/14時点)


合わせてパッドも交換。ハイグリップ・タイヤだとダクトを付けたとしても純正パッドではサーキットでは厳しそうなので、エンドレスのMX72にしました。
Mx72_1

これはFDで使っていてよかった、CC-Xの後継なので決めました。

フロント交換
Mx72_2

リア交換
Mx72_3

実際、CC-X以上に街乗りの低温からしっかり効き、サーキットでも不満は全く無くいい感じです。
磨耗はまだあまりわかりませんが、それほど速くは無さそう。
ダストは純正も結構出るので、同じくらいかちょっと多いくらいです。



Nt03_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2012年9月 »