« マツダスピードカップ サーキットトライアル参戦(前編) | トップページ | FOMA P902i購入 »

マツダスピードカップ サーキットトライアル参戦(後編)

前回は途中で力尽きてしまいましたので続きです。


2回目のアタックですが、
1回目のタイム順になるべく行きましょうとのことですので、また最後尾は無さそうです。

1回目は9位でしたので、その位に入ります。
今度はちゃんと先にヘルメット被ります(笑)

先ほどは2列目でしたが、今度は1列目の終わり辺りです。
コースインすると、インラップが終わってからちゃんと全開モードに入ります。

とストレートで4速で加速すると、ウィーン!ピー!と空回りしてしまいます。
ギアが抜けた?と思ってもちゃんと入っています。クラッチ滑った??と1コーナーを回り、2速3速で軽く踏んでも明らかに進んで行きません。
あら~EVCで吹けがよくなりすぎたんですかね。。。
でも残量はあるはずなので、パワー的にもブーストアップでそんなにぎりぎりに搾り出してもいないので、なんとか大丈夫なはずですが、、、とか思ってるうちに、どんどん抜かれて行きます。
次の周も踏むと滑り、え~もう終わり?と思った頃食いつき始めました。
温まると大丈夫なようです。パワーアップ+激寒のせいですか。
1回目は何週もゆっくり走っていたから大丈夫だったのかな?

やっと全開にしますが、その間に5台以上抜かれたようなので、また微妙な位置になってしまいました。

もう吹っ切れたようにガンガン抜いて行きます。
ブルーフラッグ出るし、インからならばしばし抜けました。
CT3
この直後くらいが今回のベストラップのようでした。
この時も1コーナーなど3台くらい抜いて居たのですが、それほどロス無く抜けたようです。

その後ほとんど引っかからない周がありましたが、1台ダンロップでインから抜いたのはやはりロス大きいようで、P-LAPでその周を確認すると、ベストのコンマ5秒落ちでした。

その後もタイムも狙いますが、楽しいのでほとんど全開で走っていましたが、最後の方に何とかワークスのフルエアロマシンが、いいペースなようなので追っかけました。

インフィールドの突っ込みは、少し詰められているようですが、立ち上がりで離されます。やっぱり突っ込み過ぎなのかな。
最終コーナーの立ち上がりはバビューンと離れて行きます。
GTウィングが効いているんでしょうか。
ていうかタイヤがトーヨーの、Sタイヤをラジアルパターンにしたやつ履いているようです。Sタイヤ禁止だからって・・・
見渡したら何人か居ました。ジムカーナや走行会ではSタイヤ扱いのようですが、なんで禁止じゃないんでしょう。

そうこうしているうちに終了です。
CT6

結局クリアラップは取れませんでしたが、こんなものなのかもしれないですね。
その中でタイムを出さなければいけないのでしょう。


平日、ライセンス走行の各々自分のペースで気ままに走る雰囲気と違って、かなりテンション上がるので楽しいかったです。
5年ぐらい前は、セブンだけの走行会もちょこちょこ行きましたが、やっぱり楽しいですね。

車を止めると入賞してますよねと、さっきの車検マンがタイヤの溝をチェックに来ました。
お!?ということは入賞ですか。


広げていた荷物の搭載をしていると、ピーと警告音が。
クーラントが減っているようです。
どうも交換してからリザーバーの戻りが悪いんです。それでも警告音まで鳴ったことは無かったのですが、うるさいけどエンジンまだ止められないし、どのみちすぐにキャップも開けられないので、ピーピー定期的に鳴るのを我慢して作業します(笑)

一通り終わると、他の走りを見に天国ルームへ行って温まります。
途中で順位が出ていたので見ると、2回目は6位でした。
ということはぎりぎり入賞?

そして表彰式が始まるので、寒くて出たくなかったのですが、先ほどの係員の口調だと何かもらえそうなので見に行きます。

寒い中待っていてもなかなか始まらず他の走りを見たりします。
なんかコカコーラ6ヶ月分とかプラカードが転がっていました。
カラオケ大会があって、1位なんとブリジストンタイヤRE-01R!2位以下コカコーラ数か月分だったようです。連れは出ようとしていました(笑)
こぎこぎするロードスターとかのタイムトライアルもあったので、そっちも出ようとしていまいたが、おそらく年齢制限(?)で引っかかったでしょう。

他のクラスの表彰式を見ていると、変な順位から表彰されたりしています。
あれ駄目なのかな~?と思っているとクラス4位ということでちっこいトロフィーを貰いました。
tr

トロフィーなんて小学生の時、街の模型屋さんで大賞取った時以来です(笑)

足の感覚が無くなりそうな程寒いので、自分の表彰が終わると、とっととさっきの天国へ~と立ち上がると、連れが国沢光宏??とか叫びます。
私も見たことある顔です。
こんなとこ出て来ていいの~??
ちゃっかりアテンザクラスで優勝していますが、マツダスピードのってターボ付いてるしずるいような。。。
レガシーよりタイムが出てよかったとかなんとか言っていました。


天国でやっと生き返ったころ、マツダ車パレードランに参加する方は準備を~とアナウンスが流れます。

最初それほど興味ありませんでしたが、せっかくなので参加しました。

ここで、クーラントを確認するとやっぱり全然見えないくらい減っていて、逆にリザーバーはフルを遥かに超えていました。
仕方が無い、パレードランに行く車が沢山並んでいて恥ずかしいけど、必殺石油ポンプを使うかー。しゅぽしゅぽとクーラントをリザーバーから戻します。


これで警告音も鳴らずに、快適にパレードランに参加出来ます。


台数凄そうなので、時間掛かりそうでしたが、思いのほか手際良く誘導してくれて、さっさと始まりました。もう日も暮れて来ています。

狭い筑波で3列で走行はちょっと怖いですが、全開走行時とのギャップか、異様な光景が面白かったです。いつも乗らないとこの縁石に乗ってみたり。
Prdrn2
ロードスターとかオープンは楽しそうですね。

コースサイドの旗を振るオフィシャルも、ありとあらゆる旗を振ってお疲れ様ぁ~と言ってくれてます。こっちも手を振ってみます。なんかちょっとF1とかのレース終了後のようです(笑)

最後はホームストレートに止まって、車を降りての写真撮影タイムとなりました。
prdrn
なかなか粋な企画ですね。参加してよかったです。


パレードランが終わってコース外へ出ると、そのまま帰れるようなので、帰路へと向かいます。


周りにも同じようなエイトやロードスターが居るので、そのまま高速に乗ると周りがそんな車ばかりで楽しそうでしたが、コンビニ寄って帰りの渋滞に備えました。

出発しようとするとエンジンが掛かりません。

そういえば昼間も一度ありました。あの時はすぐ掛かったけど、今度は電気はたまに入るけど、ちっとも掛かりません。

色々見てもいまいちわからないので、やっているうちにとディーラーに聞くとバッテリーの接触不良が怪しいとのこと。
てことで外して磨くと無事掛かりました~
いやぁ~剥き出しの端子は気を付けましょう(^^;
マイナス側はいいやと処理していなかったのがまずかったようです。

今日はクラッチ滑るし、色々あったなぁ。。。


帰りの高速PAでディーラーにお土産買って帰りました(笑)

誘ってくれたFITFD3Sさん、車の準備が間に合わず参加出来なくて残念です。
暑い時期でなければまた出たいので、今度は一緒に走りましょう。

|

« マツダスピードカップ サーキットトライアル参戦(前編) | トップページ | FOMA P902i購入 »

コメント

あけましておめでとうございます。今年もサーキット走りに行きましょう!!!やりましたね入賞。おめでとうございます!次回こそ一緒に出場したいですね。でもそのときはお互いにTOYOタイヤかも!?最近902iもですがJRSCCのトライアルにも興味持ち始めてます。レギュレーションによっては出場してみようかな~なんて考えてますよ。今年も入賞目指してお互いに頑張りましょう!

投稿: FITFD3S | 2006年1月 3日 (火) 12:22

FITFD3Sさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ありがとうございます。今度は一緒に出場しましょう。お互いとーよタイヤでですか(笑)JRSCCのトライアルは涼しい時期にあるし良さそうですね。マツダのよりかなりシビアそうですが。。。レギュレーションも厳しそうですね。こっちは石橋タイヤでなくてもいいのかな?

投稿: ひろ | 2006年1月 3日 (火) 23:02

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツダスピードカップ サーキットトライアル参戦(後編):

« マツダスピードカップ サーキットトライアル参戦(前編) | トップページ | FOMA P902i購入 »