« Firefox 1.0.2 日本語版 | トップページ | BAR トップ連発! »

P-LAP2 購入

サーキット用の、ラップタイム計測器です。
やっと買う決心が付きました。これで28,000円(税別)ですからね。
センサーケーブルが、2mと2.5mとが選べました。いきなり聞かれてわかりませんでしたが、車で普通に使うには2mで大丈夫とのことなので、あまり余っても邪魔ですし2mにしました。
DSC00373

コース1000では、1日1,000円とかで借りられるので余計悩みどころです。
ただグランツーリスモとの比較をしたいのもあるし、タイムがわからないといい加減走ってて面白くななってきました。
PC接続用ケーブルは2,000円(写真一番右のケーブル)。
PCソフトはサイトよりダウンロードです。
VAIO R505のドッキングステーションに、シリアルポートが付いていたのが役に立ちました。

とりあえずせっかく機能があるので、使ってみたいのが人情というもので(?)一緒に買ってみましたが、あまり必要は無さそうです。
レースでもしてよほど周回重ねれば、PCに取り込んで一覧で見れれば楽だし、ラップ変化のチャートを作ったり、役に立ちそうですが、普通にライセンス走行で1日2回走るくらいでは、P-LAPで直接見てもたいして苦にはなりません。

2の前のただのP-LAPは、オークションで安いときがありますが、センサー精度が低くてコース1000ではあまり反応しないだとか、センサー自体が入手困難で2になったようなので、壊れたらおしまいだとかでやめておきました。

という事で久しぶりに筑波へ行って来ました。
この内容はメルマガで、、、なんて追いつくのがいつになるのやら。。。

P-LAP2は、サーキット事務所という、ライセンス講習を行う建屋の1Fで買えます。
てっきり券を購入する、コントロールタワーのところだと思っていました。

久しぶりに行ったら、走行券を買う窓口のおねぇさんは、やる気になっていました(笑)。

取り付けは、表示側はセンターコンソールに梱包用透明テープで仮止め、磁気センサー(写真中央ケーブル、黒い方がセンサー)をドア下のサイドシルへこれも梱包用透明テープで留めました。
表示部はマジックテープにするつもりです。
裏にネジ穴が切ってあるので、ステー等を使用して固定する事も出来ます。
センサーはたまにだし、車外とケーブルが横たわるので使用時だけテープ留めですね。

表示部はバイクへの装着も出来るので、ちょっと防水仕様になっています。


通常のレンタル計測器だと、センサーを取り付けるだけで、表示はコースのコントロールライン通過後の電光掲示板か、走行終了後にもらうタイムシートで見ることになるのですが、電光掲示板は該当ラップが一番上に表示されたりしますが、結構見てられない事があります。
コース1000は比較的見やすいですけど。

P-LAPだと、通過後見たいときに見れるし、自分のタイムしか出ていないので見やすいです。
ただ走行中の経過タイムは見れないようです。ちょっと残念。
コントロールライン通過後数秒間は、前ラップのタイムを表示して、その後は経過タイムを表示してもらえると、F1のセクタータイムじゃないですが、ある程度どこの区間が何秒とかわかって面白いかなと思いました。


そうそうなぜかこんなところに、お財布携帯でジュースが買える、シーモ2の自販機がありました(笑)
でも構内は130円で、最初に貰える120円分では買えませんでした(涙)
なんでEdyで買えないんでしょ。

|

« Firefox 1.0.2 日本語版 | トップページ | BAR トップ連発! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: P-LAP2 購入:

« Firefox 1.0.2 日本語版 | トップページ | BAR トップ連発! »