ND ロードスター用 HKS フラッシュエディター

BMWは結婚してから維持費掛かりそうということと嫁が乗りにくいというので仕方なく手放すことになり。。。しかしFD2台では燃費と故障がということで去年NDロードスターを購入することになりました。

一年乗って燃費はとてもいいけどもう少しトルクが欲しいとなり、HKSのキャンペーンで自車にインストールして体験出来るイベントがあったので行ってみました。


HKSフラッシュエディター

通常買った状態で入っているフェーズ2、より少し突き詰めたオリジナルのフェーズ3です。

NAなので過度な期待はしていませんでしたが、トルクカーブは結構上がっているしピーク(は要らないけど)10馬力アップらしいのでそれなりの期待度で。

下で踏み足すとその押し出し感は結構増えてる感じ、ただフル加速はちょっといいかな~くらい。
嫁は下の踏み足した時の出具合が予想以上で感動した模様。

思った以上に嫁が気に入って、HKSの人がとんでもない価格にしてくれたのでその場で買ってしまいました。(ほんとはネットで買ってフェーズ2でも十分かなー思ってたけどw)
Img_2221

データの対応幅は純正はもちりん、マフラー交換、フィルターのみ交換タイプのエアフィルター、さらにHKSで開発中のエキマニとかも対応しているとか!?

購入後にフェーズ2も試しましたが体感できるくらいの差はありました。

HKS NDロードスター用フラッシュエディター

また踏みまくれば別として、トルクが増えた分抑えられるせいか、流れに乗っていれば
燃費は変わらないか高速などではよくなったくらいでした。

思惑外れたのは、水温油温等取れるので追加メータ風にしようと思っていたのに、常時電源を取っているのでバッテリー上がるからやめてくださいと言われ、じゃ走って必要な時だけ~と言ってもケーブルを足でひっかけて抜けるとエンジンストップなど発生して危ないのでやめてくださいと言われてしまいました。

車のデータを初期化すれば、ハードウェアはデータ入りで売れるというのもECU書き換えだけよりお得感あります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

機械式時計 ツェッペリン LZ129

SKY COCKPIT は気に入っていますが、電波式・ソーラー充電・耐ショック・耐G・200m防水と何もしないでも完璧で、なんかちょっとつまらなくなってきました(^^;

機械式について調べてみるとDIYでオーバーホールしている人も居るにはいます。
自分でメンテ出来るかもしれない・・・とわかると急に興味が加速しました。

小さめの時計も欲しくなったのもあります。
_1

数年前お店で通りがかりに見て気になったツェッペリン。
当時のモデルは渋すぎたので止めましたが、機械式モデルでみるとその後に出ていたモデルが気に入りました。
当時ドイツ車に乗っていたこともあり余計に気に入りました。
もう乗っていません。代わりにFD2台体制です。

ムーブは国産なのですが。
OHし易いとはいえるかもしれません。
とはいえスイスのよく出回っているETAも、情報は豊富なのでそちらの方がいいのかも?

これも渋いには変わりないんですが、適度にシンプルでパワーリザーブが付いているのが助かります。
シースルーバックだと見て楽しめます。
Photo

クォーツの1秒ごとに飛ぶ秒針に対して、スムーズに動く秒針が機械式ならではです。

しかし機械式時計は思ったより弱く、自転車に乗ってる時の振動もやばそうです。
また金属の歯車で出来ているので磁力にも相当弱く気を付けなければなりません。

自動巻きなので装着して外に出ていれば、ほぼパワーリザーブは4分の3以上キープしていますが、
一日置いておくと4分の1になっています。

マニュアルミッションの操作も、受けを金具にしているせいでガツンとショックが来るので、右手に装着した方がいいのかもしれません。


動作音はよく耳を澄ませばカチカチ聞こえますがほとんどしなくてつまらないです(^^;
逆に自動巻きのローターの回る音がカチャカチャと結構します。

革ベルトだし風防もヘサライトクリスタルとか紛らわしい名称ですが強化プラスチックで、SKY COCKPITと比べなくても凄く軽いです。

日付は30日で終わる月などは自分で変えないといけませんが、通常機械式だと8時から4時までの時間帯では調整してはいけなかったり。
ツェッペリンの取説には9時から3時とありました。
その間はカムが引っかかり始めるので無理に回ると壊れてしまいます。
このカムのお陰で昼間の途中少しずつ日付が変わらずに、直前の1,2時間で変わり始め一気に変わることになっているので仕方ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CASIO SKY COCKPIT GW-4000D

腕時計は、90年代最初に同じくCASIOのプロトレック初代(正確にはシリーズ化前?)を買って以来となります。
Pro_trek


携帯はGショック携帯でしたので、液晶は常時表示だし、大きくて見やすかったのですが、スマホはポケットの出し入れもちょっとし難いし、カバンに入れていることも多いので腕時計あった方がいいかなと思うようになりました。

それで試しにプロトレックを調べるとオークションでそれなりのお値段で売れる模様。
出してみると当時買った値段近くで落札されてしまいました。。。
早速デザインが気に入ったスカイコックピット、メタルバンドモデルを購入。

Gw4000d


最近のメタルバンドは、引っ掛けるだけではんくて挟み込む機構が付いているんですね。
外す時もボタンを押せばロックが外れてスムーズです。

バンドがステンレスなので本体並みに重くて総重量は結構あります。

機能はアナログのみなので、それほどなくアラームは一個だし、ストップウォッチは24分まで。
しかもストップウォッチの100分の1秒は見難いときています(笑)
まぁこの手の機能はスマホに沢山あるから、とりあえずあればいい程度です。

実は最初わかり難い表記で海外モデルを買ってしまいました。
電波設定を国内に合わせれば同じようですが、メーカー保障が付きません。。。
一応販売店経由で1年保障は付きますが、潰れたらおしまい!?安ければまだしも全然国内価格でしたので、即返品して、国内モデル買いなおしました。
入れ物が違うんですね。海外モデルは缶に入っていますが、国内モデルは少し上質感のある紙製の箱でした。
コピーだった日本語説明書も原紙の方が遥かに見易いです。
PDFで取説は上がってはいますが(笑)


電波の受信は室内ではほぼだめなので、一日6回くらい自動受信があるようですが、わかるのは直前の受信状態のみです。
クオーツの精度が月差±15秒で、2、3日に一回は最低拾えるとして、日差2、3秒くらいみておけばいいのかな。
実際携帯やPCの同期する時計と比べてもそんな感じです。
正確な時はほぼピタリですが、ずれてると数秒ずれてる時もありました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW F20 1シリーズ

スーパー久しぶりの更新です。

みんカラに移行していまして、人との繋がりは楽しいですが、あまり自由が効かない点が気になってきました。

提供した貴重なDIY整備情報などは、他のユーザーの参考にもなるけれど、うまいことみんカラの利益になるだけだったり(笑)

備忘録的な人も多いし、パーツレビューなんか取り付けたばかりなので後でレビューしますって、しないのがほとんど(笑)そういうレビューになっていない情報とは検索で分けて欲しいです~
と愚痴ったところで。。。


NCロドはとっくに手放してしまいまして、FD一台ではやっぱりしんどいのでデミオ・スポルトを中古で買いましたが、あまり程度がよくなかったりで、ポロか新しいスイスポで考えていました。
Photo


NCはサーキット走らなければまだ乗っていたかもしれませんが(^^;
日光でガンガンに縁石乗っていたせいか、2万5千キロ辺りから経たりを感じてきていました。
結局3万4千キロまで乗って買い取り業者へ売却。


デミオはCVTが嫌になったのもあります。渋滞天国の街乗りだけならいいのですが、ちょっと郊外で飛ばしたりすると滑りが、高速では抵抗感が気になります。
箱根なんかは軽いので結構速いのですが、上りは油温上がると明らかに滑ってきます。
あれではペースのいいヨーロッパでは淘汰されるわけです。

それで世界のスタンダードコンパクトVW ポロか、新しいスイフト・スポーツをMTにしようかと。

2台とも試乗して非常によかったのですが、スイスポは減税対象外と値引きゼロの強気販売、にも拘らずディーラーは軽ばかりで○乏臭い(汗)スミマセン車は非常にいいです。

ポロは高速試乗出来ました。
規格外のクオリティの高さと安定感に感心しました。


で、半分冷やかし、評判いいし内装の格好良さに気になっていた(でも見た目は・・・)BMW 1シリーズを試乗に行ったのですが、クオリティはVWより更に上で乗り味がとっても気持ちよく、高速も乗ってみたい言ったら数日借りれてしまったので、あんなのそんなに乗ったらヤバイです。。。
見た目も実物は結構よく、というか乗り味の良さにどうでもよくなってました(笑)


今回のFシリーズから結構変わったようですが、乗り味やステアリングのすっきり感がとっても気持ちよく、マツダもスカイアクティブで気持ちいい走りになりましたが、味の濃さは結構違い、やっぱりFFとFRの根本的な構造の差も大きいです。
曲がりに関しては、FRとしてNCロドよりも作りこんであるくらいなので、曲がりすぎる感じがするくらいです。実際はDSCの制御などがうまいこともあるのでしょうけど。
カタログに書いていない、細かいところの気の利いた作りこみや機能も付いていて、コストダウンばかりでどんどん手を抜いている国産に慣れてると、感動的です(笑)

ということで冷やかしが通じませんでした
Bmw_f20


| | コメント (0) | トラックバック (0)

NC オーリンズ DFV装着

ダウンサスではせっかく換えたタイヤうまく使えず、なんか勿体無いので予定より早めに投入しました。

Ols1

Ols2

ものとして綺麗なのでしばらく部屋に飾っておきたかった~
Ols3

Ols4

Ols5

Ols6


フロントは事前に組み立てます。
Ols7

アッパーの締め込みですが、取説通り減衰調整側の小さい六角を締めても、超小型なスナップリングに阻まれて回り止め用の大きい六角レンチが入りません??
仕方ないのでマイナスドライバーをシャフトの切り込みに当てて締めました。


各部の寸法は取説通り基準車高になっていました。
スプリングのシートだけ緩かったので増し締め実施。

純正ストラットバーをそのまま使う時用に、調整ダイヤルを外してその都度挿して回す工具が付いてくるんですね(赤いやつ)。


リアは純正のアッパーを流用するのでイメージするのみ(笑)
相変わらず、同じ説明書が沢山入っていて取説だらけです。
Ols8

リアの調整ダイヤルは内装に隠れてしまうので、予め切っておきます。
Ols9

どこかで見た上側を広げる方法にしました。
でもこれでは全然足りず、何度かやり直しました。


サスの取り外し、取り付け作業自体は、少し前にダウンサスでやったばかりなので比較的スムーズにいきました。

Ols10

ただフロントはブレーキダクトをサスに固定していたので、その付け直し作業もあるんでした。。。

装着時はアルミシリンダーを傷つけないよう慎重に。
Ols11

右側も
Ols12


リアのアッパー付け替え。
Ols13

ダウンサスにしていたので、全然スプリング縮めることなく、外せて移し変え出来ました。
純正でもリアはあまり長くなかったので、もしかしたらそのままいけるかも?
次回のこと考えると、アッパーは別途用意して組み込んでおいた方が、交換がすぐ出来ていいかもしれません。

Ols14

リアはその関係で少し時間掛かるので、最後はいつも通り夜に(笑)
Ols15

前後を一日で交換すると疲れますた。。。(*´ο`*)=3


フロント純正ストラットバーは、以前ノプロでアンカーを溶接してもらった時に、オーリンズの減衰調整用に穴開けてもらっていました。
Ols16


リアの内装装着状態。
Ols17

Ols18

縁のスポンジが結構グリップして引っ掛かることもあって、大きめになってしまいました。滑りやすい材質だと手探りでやるものなので、もう少し小さい穴でもいけそうです。
ボディ形状や内装の違いに合わせて左右別の形状でカットしましたが、これだけ拡大するならもう少し合わせればよかったです(笑)


慣らしして少し車高下がってきたようですが、やっぱり前が高く感じます。
見た目だけとはいえ、もう少し下げたかったけど時間が無くて、アライメント取りにいつものKTSへ。


装着後は、減衰最弱で走るとかなりフラットで、マンホールなんかもダウンサスだとガタン!と落ちていたのが角が取れてまろやかにと謳われている通りです。

色々違うので直接比較にはならないけど、うちのFDのPCVだとダン!ダン!と強烈に着地しますが、それと比べると別物です。

車の性格も若干違うし、味付けもそういう方向なのかもしれません。

バネレートは標準設定のままで前7kg、後4kg。
リアはレバー比が1対1なので数値ほど柔らかくはないはず?
今は注文時にある程度レート変更できるんですね。
特にNCはRX-8と共用なので、主に強化する方向が充実しています。


もうちょっと走ったら追記します。。。たぶん



>


| | コメント (2) | トラックバック (0)

NC ダンロップZ1 star spec、エンドレス MX72装着

少し前ですがタイヤとブレーキパッドを交換しました。
ホイールは某デモカーを見ていいなと思った、エンケイNT-03です。去年に買っておきましたが、オフセットを前後変える為にもう一セット手に入れて装着しました。
Nt03_1
最初のセットはオフセットがあまり対応車が無いせいか激安でした。
余ったもう一セットに、夏用というかサーキット行かない時期用にコンフォート寄りのタイヤを履かせようと思います。

タイヤは評判がよくて年末から考えていた、ダンロップZ1 star spec でサイズは純正を同じサイズは無いので、215/45となりました。
Z1_1

新しいネオバAD08も結構考えましたが、今回は止めておきました。
FDのサイズだと高過ぎるけど、NCならなんとか履けるのでそういう意味でも悩みましたが~

それほど普段のグリップ感はありませんが、時期的に気温も低くはないし最初からしっかりグリップします。
乗り心地は良好、騒音はちょっとありますが酷くは無いです。
ダウンサスでロールが大きいせいか、角が結構減ってしまいました。
タレはちょっと大きいかも。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ダンロップ 215/45R17 DIREZZA Z2 STAR SPEC
価格:19200円(税込、送料別) (2016/9/14時点)


合わせてパッドも交換。ハイグリップ・タイヤだとダクトを付けたとしても純正パッドではサーキットでは厳しそうなので、エンドレスのMX72にしました。
Mx72_1

これはFDで使っていてよかった、CC-Xの後継なので決めました。

フロント交換
Mx72_2

リア交換
Mx72_3

実際、CC-X以上に街乗りの低温からしっかり効き、サーキットでも不満は全く無くいい感じです。
磨耗はまだあまりわかりませんが、それほど速くは無さそう。
ダストは純正も結構出るので、同じくらいかちょっと多いくらいです。



Nt03_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東芝液晶TV 42Z8000購入

めっきりホームシアターは見なくなってしまったので、プロジェクターを辞めて、ブラウン管ハイビジョンTVも売り、機能満載の液晶TVに集約しました。

42z8000_1


当初は旧Z7000を安くと思っていましたが。。。このグレア表示のZ8000は見た途端気に入ってしまいました。
スーパーファインピッチのハイビジョン・ブラウン管からでも十分納得出来る画質です。

デザインや質感ではソニーが好きでしたが、標準的装備の搭載が遅すぎです。i-linkは無いし。。。
昔からブラウン管TVは全てソニー、プロジェクターも2号機はソニーでしたがもういいかな。

42z8000_2

仕方なく使っていたCATVも、勝手にプラン変更されて値段が大幅に上がる予定でしたので、使わなくてよい環境になり嬉しくて仕方ありません(笑)
あんな既得権の固まり業界こそ規制緩和するべき!
実際、変更承認を返信しない人が多かったようで、プラン変更時期を延期していました。

当初はネットで買おうと思っていましたが、近所のお店がそこそこ安く対応がかなりいいので、今後のことも考えて決めちゃいました。
全部機器売ってしまっていたので無いと困る事情もありましたが

TVの方は配送の時間が合わず、買った時の店員が直接持って来てくれたのですが、TVスタンドが前モデルと違って分割になったと言っていました。
今回が実作業は初めてらしいのでやりたがっていましたが、傷つけられそうな手付きだったので自分がメインでやりました(笑)

その時なんでこのモデル選ばれました~という話になり、グレアパネル等々の画質と、パソコン用USBのHDDに繋げるだけで録画出来るなんて素晴らしいので!

○ニーじゃ絶対やらないでしょうね。自社の高いものしか繋げさせないんだから。


今の時期は販促品がありバッファローのHDD(500G)が付いて来ました。
42z8000_3
隣の白いBOXは光電話対応のVDSLルータです。ただのVDSLに比べると随分でかいです。

今までは古い rec-pot の160Gを使っていたので十分な容量です。
rec-potで今まで録画したものもすぐ認識して見れました。
D-VHSはそのうち落ち着いたら繋げて見ます。
テープ資産も大幅に処分しましたが、それでも大型ラックいっぱいはあるのでZ8000でどう映るのか楽しみ。


画面の明るさですが、最初おまかせ画質のままだとちょっと暗いです。
パラメーターで、周りの明るさごとのバックライトの調整はできますがかなり上げないとだめでした。
標準の設定が今までのブラウン管ぐらいになるので、明るく綺麗にみたい時はこっちが手っ取り早いです。

あと正面に近いと、非常に黒がしまってメリハリある画ですが、横からだと意外に白ちゃけます。
でも入力無しの時等、全黒だと正面でも青ぽいというか、まだまだ全然黒じゃないですね。。。
少しでも明るいところがあればいいのですが、これはやはりLEDバックライトのエリア駆動が良さそうです。


録画の設定、録った番組の視聴はさすがに結構快適です。
毎週録画設定も連ドラ設定があるのでワンタッチで、実際の録画は次回からとよくわかっている設定となっています。

録画済を見るときも、録画リストボタンで自動的にUSB-HDDが起動して表示してくれます。
リストを辿っている段階で、勝手にプレビューが始まるのはちょっと余計な気もしますが、再生ボタンを直に押しても前回の続きから始まりますし、リストから選ぶ時もそれぞれの番組が見ていたところから始まってくれます。


ブロードバンド系機能としては、
ヤフーのTV版は、反応が遅いのでちょっと厳しいです。
余程暇じゃないとパソコンで見た方が早いです。

アクトビラは、無料放送はやはり基本的に1話しか見れず、あとは買ってねってヤフー動画のようなのですが、まぁ1話だけでもどんなのか見たかったものを見るにはいいかもしれません。
こちらも反応はそれほどパッパッとは変わりませんが、ヤフーよりはいくらかましでしょうか。
動画が始まれば問題ないのでまだ見る気にはなります。
無料放送分を途中で止めても、レジュームは効きました。

メールで録画機能もありますが、メールサーバーの設定等ちょっと面倒なのでそのうちやってみます。
この時はパソコンで使っているUSBキーボードを挿した方がいいかもしれません。


テレビ台はそのうちと思っていましたが、低すぎるので早いところ欲しいですが、なかなか決められず結局そのうちに。。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリム・シュレッダー SHR-505S-BK 購入

以前買ったシュレッダーも、結構使ったしデザインのいいものも出てきたので買い替えました。

Sr1

スリムな分高さと奥行きはありますが、シュレッダー切断した紙くずが中央ばかりに溜まるので、幅より高さがあったほうがうまく溜められて良さそうです。

冷蔵庫のように後ろにキャスターがあり、前を持ち上げると移動出来るので、奥に設置して使う時やゴミ捨ての時に引っ張り出すという使い方も出来ます。
その為の取っ手も付いています。

手前の足も、壁に寄せた時と普通に置いた時とで、足の出っ張り具合を変えられるようになっています。

全体的にスリム型パソコンのような形と質感です。スイッチの感触もいい感じ(笑)

ただ作動音はちょっと安っぽく音も大きめです。
床に振動もちょっと伝わるようです。

Sr2

Sr3

紙くずは綺麗に溜まり、ダストボックスを引いても後方に落ちないのはいいです。
最初だけかもしれませんが。。。
以前のものは刃に絡んだ紙を放置していたせいか、ダストボックス引くと後ろに大量に落ちていました。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

無印良品 冷蔵庫 M-R25B、炊飯器 M-RC5C購入

Mujireizo1

以前は今は無き、エレクトロラックスby東芝のERE-25Aという冷蔵庫でしたが、背が高めで少し運転音もうるさかったので買い替えました。

デザイン家電は買う時は性能の割りに高めですが、売る時も高く売れます。

本当はwill miniがサイズ的にも良かったのですが、もう売ってないんですね。
程度の割りに高値なので諦めました。

次に同じくらいのサイズで、ハイアールのJR-NF170Aがいいかなぁと思いましたが、量販店で同じサイズのものを開けるとどうも以前と比べて狭い感じが。。。
で背が低めで少し大きくデザインがよいもの~と無印にM-R25Bを見に行くと写真同様いい感じ!
仕切り棚がこのサイズでプラなのはどうかと思いましたが(以前のエレはガラス製)。一応手前にメッキが施してあって微妙な質感は上げてます(笑)

大して使わないので大きすぎるんですが(^^;たっぷり入る安心感?がいいのか結局前と変わらないサイズにしてしまいました。
背は低いので圧迫感は大分少ないです。
音はよりは静かですが、コンプレッサー音はそれなりにします。まぁなんとか耐えられそうです。

ちなみにかなり長い間販売されていますので、試しに聞いたら9月にこの冷蔵庫変わるそうです。
でもさらに大きくなってしまうようで、(特に背が・・・)その前に夏を冷蔵庫無しでは乗り切れません(笑)


あと丁度10%オフセールでしたので、
炊飯器ももらいものを使っていたので合わせて買いました。
デザイン凝っているのはマイコン式のM-RC5Cのみで、IH式だとZUTTOが前から欲しかったですが、サイズが大きいのと今度IHキッチンになったのでそっちでやればいいかなと~

Mujisuihan

電源ケーブルが今時収納式では無いのが残念ですが、形はかわいいし安いです。


冷蔵庫の運送は、午前か午後(18時まで)しか選べずなかなか受け取れませんでしたが、ヤマトの家財宅急便なので文句言ったら別便で夜に届けてくれました(^^;

タイ製だったかな?そのせいか最初から細かい汚れがあります(^^;
新品でもドアとボディの色合いが合っていません。。。
ドアがクリームぽく、ボディは真っ白。両方とも鉄板のはずですのでわざと??

Mujireizo2

でもまぁ使い勝手はなかなかよいですしデザインで許せます(笑)
個人的には氷をよく使うので、冷凍室を下ではなく真ん中にして欲しかったです。

Mujireizo3

Mujireizo4


上には乗せる乗せないの記述が特にないので、電子レンジ乗せてますが特に大丈夫なようです。この背で何も乗せない人の方が少ないでしょう。
レンジも廃熱は後ろと横なのでそういうタイプなら問題ないはずです。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

NC バンキッシュ・グリル装着

前々から密かに気に入っていたのですが、車高も少し落ちたので似合うかなと思い立ち、ちょっと交渉してみたらおまけしてもらえるってことで買っちゃいました。手に入るうちに?

MODERNO2&4のお店は意外に近くでしたので直接買いに行きました。めちゃめちゃお洒落な店内ですねお店の人もとても親切でいい感じでした。


装着済みの方の写真を見ていて、ナンバーもオフセットした方が好みなので、合わせて購入したかったのですが、JoyFastにちょっと寄ったところ在庫切れ!
仕方ないのでsheonmeに直接頼みました。

Vanq1
横のバーだけピカピカになっています。個人的にはアルミ地肌のままか、ヘアライン加工とかの方が好きなんですけど、跡からヤスリで出来そうなのでとりあえずこのまま付けてみます。
カラーの丁寧な取り付け説明書とタップビス4本付属です。

Vanq2
よく見ると溶接でなくてロウ付けのようです?
裏側は手作り感に溢れてます(笑)


バンパーは比較的簡単に外れました。FDでは何度も外してますが色々冷却対策した関係で面倒でもう外したくありませんが、こっちは追加作業はブレーキダクトを外すぐらいで済みます。
Vanq3
フェンダーとの接続部は、メガネラチェットが楽でした。
この隙に普段洗えないバンパーとの接続部等を拭いておきました。

Vanq4

Vanq5
純正のハニカムグリルは意外とあちこち留まっていて、ナンバーの裏や発泡スチロールの裏からも簡易的に留まっていたりします。


空気の流れを考えると、スムーズに下がっている発泡スチロールを残した方が良さそうですが、あの質感は黒くしたとしても見えるようにはしたくないので、切り取ります。
Vanq6
奥行きが出たほうがかっこもいいし!ブレーキダクトもガムテの時とホース繋げてからはなんか違います(笑)

適当にマスキングして、ブレーキファンネルを塗ろうと用意しておいた、艶消しブラックで塗装します。
Vanq7

発泡スチロールは下側を切り取ると固定箇所が無くなってしまいます。でもバンパー固定すると挟まれて固定されそうです。一応グリルで引っ掛かって落ちてはこないようです。
Vanq8
グリルはタップビスで新たにバンパーに穴開けて固定。。。これはちょっとがっかり。しかも付属のビスは小さいドライバーしか使えず、力が入らないので別に用意しておいた手持ちを使いました。


後は元に戻して終了。
撮影と走行確認兼ねて移動~

正面からならナンバー真ん中でもよい感じ!カッチョエェ!
Vanq9

Vanq10

Vanq11

そうそうグリルの上半分のカバーが無くなると、横が筒抜けでブレーキダクトのホースが丸見えです(笑)ますます雨の日走りたくない仕様に~
ん~冷却にもよく無さそうだからそのうち塞ごうとは思いますがどうなることやら

で後日、sheonmeより届いたナンバー移動ステー
Vanq12
頼んでないのにナンバー跡のリプレースキットも入っていました。ウレタンになったからおまけするようになったのかな?

ナンバーの土台はバンパー外した時に、裏の引っ掛けを押し戻していたので、引っ張ると外れました。ただちょっと穴が変形したような(^^;

それより金具の錆びがこびり付いていて落とすの大変でした。シュアラスターの下地処理しか用意していなかったので、結局完璧には落ちず。強力なコンパウンド使わないと駄目な感じでした。

穴の跡は、下手に隠すより目立たせる方向で、家に転がっていたカーボン調カッティングシートを貼りましたが、結構色が似ていて微妙でした(^^;;

Vanq13

一応ブレーキダクトに掛からない位置にしましたが、水温がちょっと上がり気味なような~3,4度上がる気がします。。。その後一段外側にずらしました。見た目の印象はそれほど変わりませんが水温は上がり難くなったような~?
Vanq14

ナンバーを真ん中に戻したくなったら、ハンドリベッターで戻せるようにしばらくこのままで、、、と思ったけどロドはオフセットが似合うなぁ

Vanq15
ブレてます。。。

さらに以前よりやりたかった、ヘッドカバーのDOHC 16-VALVEをシルバーに塗りました。
Vanq16
色はNC純正色のサンライト・シルバーを使用。

元は納車の頃の写真ですが、出っ張っているだけで寂しい限り。
Vanq17


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«NC ブレーキダクト装着